人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、スマートフォン向けアプリへの進出を否定

株式会社ポケモンがスマートフォン向けアプリ『ポケモン言えTAP(タップ)?』の配信決定後、任天堂がスマートフォン向けアプリへ進出するのではないかと噂されましたが、これははっきりと否定されたようです。

任天堂 その他
株式会社ポケモンがスマートフォン向けアプリ『ポケモン言えTAP(タップ)?』の配信決定後、任天堂がスマートフォン向けアプリへ進出するのではないかと噂されましたが、これははっきりと否定されたようです。

株式会社ポケモンがスマートフォン向けアプリ『ポケモン言えTAP(タップ)?』を、2011年夏に配信すると発表したことは既にお伝えしている通り。曲にあわせてポケモンカードをタップする無料アプリですが、ポケモンブランドを任天堂以外の端末に配信することは異例。

このニュースを受けて、任天堂がモバイルマーケットへの進出を考えているのではないかと、同社の長期戦略に反する動きを疑問視する声もあがり、任天堂の株価は上昇する結果となりました。

また、この件について、ブルームバーグが任天堂に電話取材を行いましたが、「自社のハードウェアのためだけにソフトウェアを開発する、これまでの任天堂の戦略は変わっておらず、また今後も変わることはない」と、はっきりとした否定の回答だったようです。

株式会社ポケモンは、主にポケモンのゲームやアニメ、映画の配信、キャラクターグッズ等の販売やライセンス管理を行っており、任天堂は同社の株を32%所有しています。

任天堂は今後も、ポケモンだけに限らず、自社のコンテンンツを他社コンソールにリリースするつもりは全くないようです。

しかし、任天堂の思惑とは裏腹に、モバイルマーケットの進出を期待している人が多いということでしょうか?
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  8. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

アクセスランキングをもっと見る