人生にゲームをプラスするメディア

『セブンスドラゴン2020』、古代祐三氏からのメッセージが公開

ソニー PSP

セブンスドラゴン2020
  • セブンスドラゴン2020
  • セブンスドラゴン2020
セガは、プレイステーション・ポータブルソフト『セブンスドラゴン2020』の最新情報を公開しました。

本日は、『セブンスドラゴン2020』の楽曲を担当している古代祐三氏からのメッセージが公開されました。

前作『セブンスドラゴン』に続き、本作も音楽を担当している古代氏は、これまでにたくさんのゲームミュージックを手掛けており、多くのゲームファンを魅了してきました。今回は『セブンスドラゴン2020』への意気込みを語ります。

■古代祐三氏からのメッセージ(※一部抜粋)
「制作開始時に新納さんからいただいた本作におけるサウンドの方針、というものが幾つかありました。本作は続編ではあるものの、プラットフォームやビジュアルが大きく変わったことから、サウンドの方針も大きく変更されることになったのです。具体的には、「前作のようなオーケストラ調や民族音楽的なものにはしない」、「情感的なメロディラインや生々しい奏法は極力避ける」、「クラブミュージック的な手法を取り入れてソリッドでスピード感のあるサウンド」、などです。RPGにおいてこのようなサウンドを目指す、というのはなかなか難しいところもあり、最初は試行錯誤の連続でした。前作のことは一切忘れ、新作を作るつもりで取り組み始めたころから手応えが掴めるようになりました」

今回も素晴らしい音楽になることを期待しましょう。

『セブンスドラゴン2020』は、2011年秋発売予定で価格は未定です。

(C)SEGA
《》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. クレイトスもにっこり!『ゴッド・オブ・ウォー』今後のアップデートでフォトモード追加

    クレイトスもにっこり!『ゴッド・オブ・ウォー』今後のアップデートでフォトモード追加

  2. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』イギリスでシリーズ最大の出だし―2018年SIE作品ではPS4『ワンダと巨像』越える

    新生『ゴッド・オブ・ウォー』イギリスでシリーズ最大の出だし―2018年SIE作品ではPS4『ワンダと巨像』越える

  3. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』クレイトスはどう変わった?ディレクターが語るその内面の変化とは

    新生『ゴッド・オブ・ウォー』クレイトスはどう変わった?ディレクターが語るその内面の変化とは

  4. 『モンハン:ワールド』ついに“重ね着装備”に追加が!マム・タロトと同時実装、そして鑑定武器とは…

  5. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  6. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』ついに発売!序盤のちょっとした攻略トピックスをご紹介

  7. 『モンハン:ワールド』マム・タロトが出現する特別調査の流れが明らかに―報酬にはボーナス付きの鑑定武器が!

  8. Rush Gaming首位!「CoD: WWII プロ対抗戦」第1回レポ―賞金総額1000万円を掛けてプロゲーマーが闘う

  9. PS4版『ボーダーブレイク』専用コントローラー製品化決定!注文受付は5月2日まで

  10. 『モンハン:ワールド』4月27日より『Devil May Cry』コラボ開始!新イベクエの内容もチェック

アクセスランキングをもっと見る