人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】核戦争後の地球で再び人類は戦う・・・『METRO: LAST LIGHT』

4A Gamesが開発しTHQから発売された(日本ではスパイクから)、『METRO 2033』の続編が『METRO: LAST LIGHT』として発売決定。E3のTHQブースのクローズドシアターにてその一端を鑑賞することができました。

ソニー PS3
METRO: LAST LIGHT
  • METRO: LAST LIGHT
  • METRO: LAST LIGHT
  • METRO: LAST LIGHT
  • METRO: LAST LIGHT
  • METRO: LAST LIGHT
  • METRO: LAST LIGHT
  • METRO: LAST LIGHT
4A Gamesが開発しTHQから発売された(日本ではスパイクから)、『METRO 2033』の続編が『METRO: LAST LIGHT』として発売決定。E3のTHQブースのクローズドシアターにてその一端を鑑賞することができました。

本作の舞台は2034年のモスクワ。核戦争後の荒廃した世界で、人類は地下に広がる地下鉄(メトロ)に地上のミュータントの驚異から逃げ隠れていました。しかし軍の貯蔵庫からD6と呼ばれる細菌兵器が発見されたことで、人類は団結するのではなくD6を巡って再び内なる戦いを始めるのでした。

プレイヤーは主人公のArtyomとなり、人類の「LAST LIGHT」(最後の光)となるべく活躍します。

映像は主人公が敵対する他の都市の集会に忍び込むようなシーンからスタート。その様子は第二次世界大戦のヒットラーを彷彿とさせます。主人公は集まる聴衆を押し退けながら前へ前へ。そしておもむろに銃弾を一発天井へ。走り飛び出す主人公、追う人々。宣戦布告とばかりに地下鉄の戦いが始まります。

古びた地下鉄の施設は終末論的な世界を描きます。基本的なゲームメカニックはFPSで、今回はステルスアクションの要素が強化されたそうです。一人で敵地に乗り込む主人公は多勢に無勢。敵に見つからないように暗闇で静かに近寄り、首を落とす、そんなシーンが見られました。

AIも強化されたポイントだということで、物音や銃声に反応した動きが見られました。銃を使うと周りに気づかれてしまうため、ステルスで暗殺していくわけです(当然それだけでは先に進めませんが)。

後半のシーンでは地下鉄線路でトロッコのような乗り物に乗って、向かいの線路の敵を銃でなぎ払っていくというような場面も確認できました。

THQの担当者によれば発売は2012年で、日本での発売も当然予定しているとのこと。PS3/Xbox360/PCそしてWii Uでの発売が決定していますが、国内でどのプラットフォームがチョイスされるかは不明です。

《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『デビルメイクライ 5』ダンテと一緒に悪魔と踊ろう-元祖スタイリッシュアクションを動画でチェック!

    『デビルメイクライ 5』ダンテと一緒に悪魔と踊ろう-元祖スタイリッシュアクションを動画でチェック!

  2. 5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

    5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

  3. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』ストーリーモードで「鬼龍院 皐月」のオリジナル新衣装「純潔神髄」が登場!

    『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』ストーリーモードで「鬼龍院 皐月」のオリジナル新衣装「純潔神髄」が登場!

  4. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  5. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  6. 「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

  7. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  8. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

  10. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る