人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション

ゲームビジネス 開発

【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション
  • 【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション
  • 【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション
  • 【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション
  • 【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション
  • 【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション
  • 【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション
  • 【GDC2011】Xperia Playを初体験・・・Havokがサポート、MLGでプロモーション
ソニー・エリクソンから発売予定のプレイステーション携帯こと「Xperia Play」。Game Developers Conferenceのモスコーニ・センターのサウスホールの最深部、地味なワンブロックだけのブースにこっそり置かれていました。

会場の端にちょっとさびしいブース?


既に再三お伝えしているように「Xperia Play」はAndroid 2.3を搭載のスマートフォンでありながら、「PlayStation Certified」としてゲームを遊ぶ事を前提に設計がされています。初代プレイステーションのゲームが遊べる他、各サードパーティから専用タイトルが予定されています。会場では内蔵される幾つかのゲームを体験できました。



第一印象は「小さい」ということ。操作パネルを引き出した状態でもかなりコンパクトに収まっています。十字キーやボタン類もDSシリーズなどと比較すると小さく、少し遊び難い印象。スマートフォンとしての機能性とゲーム機としての遊び易さの両立に苦労したことが伺えます。小さな画面ということもありますが、グラフィックは完全に初代PSを凌駕。質の高いゲームが期待できそうです。

ちなみに「Xperia Play」は今回が米国で初公開。しかし地味でした。

GDCに合わせてソニー・エリクソンでは物理エンジンなどを提供するHavokが「Xperia Play」をサポートすることを発表(PlayStation Certified全体?)。また、ゲームリーグのMajor League Gamingを同社がスポンサードし、「Xperia Play」のプロモーションを実施していくことも明らかになりました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 稲葉敦志と神谷英樹が語るプラチナ流開発、新作ゲーム開発スタッフを積極募集中

    稲葉敦志と神谷英樹が語るプラチナ流開発、新作ゲーム開発スタッフを積極募集中

  2. 【GTMF 2014】コンソールでもネットワーク対応が進む中、存在感を増すモノビットエンジン

    【GTMF 2014】コンソールでもネットワーク対応が進む中、存在感を増すモノビットエンジン

  3. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

    【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  4. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

  5. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  6. プラチナゲームズを徹底攻略 稲葉敦志プロデューサーインタビュー(1)・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第41回

  7. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  8. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  9. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る