人生にゲームをプラスするメディア

社長が訊く ニンテンドー3DSソフトメーカークリエイター篇 ― 第1回は『レイトン教授と奇跡の仮面』

任天堂ホームページにて、新たな社長が訊くが掲載されました。

任天堂 3DS
レイトン教授と奇跡の仮面
  • レイトン教授と奇跡の仮面
任天堂ホームページにて、新たな社長が訊くが掲載されました。

ニンテンドー3DSソフトを制作しているゲームクリエイターに訊くという内容で、第1回は『レイトン教授と奇跡の仮面』を作ったレベルファイブの日野晃博氏が登場しています。

まずは日野社長がどのような経緯でゲーム業界に入ったのかを中心に語っています。その中には『ドラゴンクエストIII』を遊んだ衝撃を受けている様子が伺えます。

また、レベルファイブの社名の由来は「5つ星」。クオリティの高い5つ星のソフトを作る志を持っていたいたいという思いから名づけられました。

前半は日野社長やレベルファイブついて、後半からはいよいよ『レイトン教授と奇跡の仮面』について語ります。

元々『レイトン教授』シリーズは、『ドラゴンクエストVIII』完成後に自社で売っていくことを目指す中、当時『脳トレ』ブームの追い風などから今まであまりゲームをやらなかった人がニンテンドーDSを購入するようになってきました。レベルファイブがパブリッシャーとして最初に成功するため、『脳トレ』を買った人が次に買いたくなるようなソフトをイメージしながら作られたのが『レイトン教授と不思議な町』です。

「パッケージデザインは女性誌をイメージしてやってほしい」と日野社長の注文。手に取った時、ライトユーザーが自然と受け入れられやすくという思いとかみ合って大ヒットを記録しました。

海外で発売した際、販売は任天堂が担当。ヨーロッパ版だけパッケージのデザインが異なっている点についてもここで語られています。ヨーロッパで成功したのは任天堂が手伝った部分も大きいと日野社長がコメント。

そして「このハードにかけてもいい」と思わせるほど3DSに惚れ込んだ日野社長は、現在6タイトルを開発中。今回の社長が訊くではゲームの内容というよりは、レベルファイブについての部分が占めていますね。『レイトン教授』ファンの方はもちろん、ニンテンドー3DSを買う方も是非チェックしてみてください。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

    任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

  2. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  5. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  8. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  9. 任天堂の不思議なキャラ10選

  10. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

アクセスランキングをもっと見る