人生にゲームをプラスするメディア

面白いゲーム作りには絶対に妥協しないサムザップ・・・Social Top Runner Vol.2(4)

ゲームビジネス 開発

Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
続いてはCyberXと同じくサイバーエージェントグループのサムザップです。同社はグリーの女性部門1位の『コーデマニア』やモバゲータウンの『行列のできるラーメン屋さん』『パオと失われた記憶』といったタイトルを展開しています。

サムザップ 辻岡社長


○開発環境

開発環境は他社と同じく主にLAMPを使用。ただし、試したい技術はどんどん投入する予定で、TokyoTyrant、MongoDB、Hadoopなどもやりたいという意向でした。

結果としてユーザーを楽しませる事ができるのであれば技術的なチャレンジはいとわないということで、辻岡義立社長は「エンジニアのワクワクと会社のビジョンが上手いバランスが取れているのがサムザップの強み」と説明していました。

○その環境は

現在の体制は、プロデューサー8名、エンジニア17名、Flashエンジニア1名、デザイナー10名、カスタマーサポート4名の計40名。



チーム構成はプロデューサー1名、エンジニア2名、デザイナー2名が一般的で、トップダウンではなくチームメンバーで企画を詰めて行くというスタイルを取っているそうです。

エンジニアのリーダーを務める田村氏によれば、開発チームは様々な経験を積んだエンジニアが存在し、「爆発的なシナジーを生んでいる」とか。グループのサイバーエージェントでAmebaのシステムを担当したインフラエンジニアもおり、技術力には自信がありそうでした。

田村氏


会社の雰囲気としては明るく、新しく入社した人に対しても、みんなで初ランチ、歓迎飲み会など「歓迎会がありすぎる」(田村氏)とか。目標達成へのインセンティブも明確で、会社として次の目標を達成すれば全員でハワイに行く予定だとか。


今後は年内に更に3タイトル、年明けにも1タイトルを予定していて、「各プロデューサーともにホームランを予告している」(辻岡義立氏)とか。できても面白くなければ作りなおす、が同社のモットーだということで、4タイトルの中には半年以上も開発を続けているものもあるそうです。今後にも期待です。

各社の採用などはこちらから。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

    今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  2. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  5. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  6. 「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

  7. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  8. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  9. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る