人生にゲームをプラスするメディア

面白いゲーム作りには絶対に妥協しないサムザップ・・・Social Top Runner Vol.2(4)

ゲームビジネス 開発

Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
続いてはCyberXと同じくサイバーエージェントグループのサムザップです。同社はグリーの女性部門1位の『コーデマニア』やモバゲータウンの『行列のできるラーメン屋さん』『パオと失われた記憶』といったタイトルを展開しています。

サムザップ 辻岡社長


○開発環境

開発環境は他社と同じく主にLAMPを使用。ただし、試したい技術はどんどん投入する予定で、TokyoTyrant、MongoDB、Hadoopなどもやりたいという意向でした。

結果としてユーザーを楽しませる事ができるのであれば技術的なチャレンジはいとわないということで、辻岡義立社長は「エンジニアのワクワクと会社のビジョンが上手いバランスが取れているのがサムザップの強み」と説明していました。

○その環境は

現在の体制は、プロデューサー8名、エンジニア17名、Flashエンジニア1名、デザイナー10名、カスタマーサポート4名の計40名。



チーム構成はプロデューサー1名、エンジニア2名、デザイナー2名が一般的で、トップダウンではなくチームメンバーで企画を詰めて行くというスタイルを取っているそうです。

エンジニアのリーダーを務める田村氏によれば、開発チームは様々な経験を積んだエンジニアが存在し、「爆発的なシナジーを生んでいる」とか。グループのサイバーエージェントでAmebaのシステムを担当したインフラエンジニアもおり、技術力には自信がありそうでした。

田村氏


会社の雰囲気としては明るく、新しく入社した人に対しても、みんなで初ランチ、歓迎飲み会など「歓迎会がありすぎる」(田村氏)とか。目標達成へのインセンティブも明確で、会社として次の目標を達成すれば全員でハワイに行く予定だとか。


今後は年内に更に3タイトル、年明けにも1タイトルを予定していて、「各プロデューサーともにホームランを予告している」(辻岡義立氏)とか。できても面白くなければ作りなおす、が同社のモットーだということで、4タイトルの中には半年以上も開発を続けているものもあるそうです。今後にも期待です。

各社の採用などはこちらから。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  3. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

    ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  4. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  5. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  6. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  7. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  8. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  9. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  10. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

アクセスランキングをもっと見る