人生にゲームをプラスするメディア

『TRINITY Zill O'll Zero』、兇悪なボスモンスターを紹介

コーエーテクモゲームスは、プレイステーション3ソフト『TRINITY Zill O'll Zero』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
TRINITY Zill O'll Zero
  • TRINITY Zill O'll Zero
  • TRINITY Zill O'll Zero
  • TRINITY Zill O'll Zero
  • TRINITY Zill O'll Zero
  • TRINITY Zill O'll Zero
  • TRINITY Zill O'll Zero
  • TRINITY Zill O'll Zero
  • TRINITY Zill O'll Zero
コーエーテクモゲームスは、プレイステーション3ソフト『TRINITY Zill O'll Zero』の最新情報を公開しました。

『真・三國無双』シリーズを手掛けた「オメガフォース」開発による新作アクションRPG『TRINITY Zill O'll Zero』(TRINITY)。プレイステーションで発売されたRPG『ZillO'll』(ジルオール)からさまざまな要素を継承しつつ、プレイステーション3らしく、新しい爽快感をRPG上で実現した作品となっています。



今回はゲーム中に登場する手強いボスモンスター、さまざまなルールの試合に挑戦する「闘技場」の情報をお伝えします。

本作の基本的な流れですが、町で出会った人や冒険者ギルドで仕事の依頼を受ける、それを解決するためにダンジョンへ向かって依頼を解決する、依頼主に報告し報酬を受け取る、となります。こうしてさまざまな町やダンジョンをめぐっているうちに、先々でさまざまな事件に巻き込まれ、新たな町やダンジョンへ向かいながら最終目的に近づいていくことになります。



もちろん、さまざまなボスモンスターが登場。「オルトロス」は蛇のたてがみを持つ、巨大な双頭の犬。尾は竜、双頭はライオンがベースとなっており、膂力を活かした瞬発力のある攻撃と、様々な効果・属性のあるブレスを吐いてきます。これらの攻撃のタイミングを見計らって懐に潜り込み、近距離での噛みつきに注意しつつ攻撃を繰り出しましょう。



「ドラゴン」も各地に生息しています。だが一般人が目にすることはめったになく、手練の冒険者でも遭遇することは稀な存在です。巨体を活かした物理攻撃と、強力な竜巻による攻撃を仕掛けてきます。安易に近づくのは危険ですが、その巨体ゆえ大きなモーションの後には隙が生まれます。そのわずかな好機を狙って、弱点属性となる攻撃を叩き込みましょう。



「ジャイアント」は猿のような巨人。狂暴な性質で、目につく敵に対しては体全体を使った強力な攻撃で倒そうとします。当たると体力の半分以上を削られるボディプレスには要注意。ただし、タイミングを見計ればジャンプで衝撃波を避けることが可能です。ジャンプレスの後、相手が起き上がってくるまでの長いラッシュサイン表示中に、弱点属性である「雷」と「月」両方の属性のスキルを持つセレーネのスキルコンボを叩き込みましょう。



「ドラゴングリフ」は鋭い尾と硬い鱗を持つ強力な魔物。他の生物と連れ立って見かけることはほとんどなく、単体で生活しています。物理と魔法の両方の攻撃に長け、地上・空中どちらの状態でも高い戦闘能力を発揮します。攻略には突進攻撃回避後、一気に間合いを詰められる空中ダッシュを持つセレーネがオススメ。ただしHPが低くなってくると触れるだけで全てを吹き飛ばす風のオーラをまとうので近づきすぎには注意してください。



「リッチ」は、かつては高位の魔術師でしたが、不死を望むあまり、怪物に成り下がった存在。人間の言葉はすでに失っていますが、様々な魔法を自在に操ります。ワープを行う上、炎・氷・雷といった属性攻撃が通用しないという厄介な存在。しかも周囲のスケルトンを復活させる事があるので、長期戦にならないように注意してください。



一方「闘技場」は、お金を払い試合に登録し、勝利の対価としてアイテムを獲得するリベルダム専用の施設です。敗北した場合はお金を払うだけで何も得られません。制限時間内に出現する全てのモンスターを倒すと勝利となります。なお闘技場で突発的にイベントが発生し、特定の状況で試合をすることもあります。



特定の試合ではギミック(特殊な動作をするオブジェクト)が配置されたものがあります。ギミックを上手く用いることで戦況を有利に進めることができます。ギミックには、「倒れる柱」「地面から飛び出す槍」「大量の木箱」などがあります。

『TRINITY Zill O'll Zero』は11月25日に発売予定で、通常版が8,190円(税込)、「プレミアムBOX」版が1万1,340円(税込)となります。

(C)TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  3. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

    『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  4. 【1/25更新】『GRANBLUE FANTASY PROJECT Re: LINK(仮)』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  5. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  6. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

  7. 『FF14』コラボ、『戦友』スタンドアローン版など―『FF15』2周年記念施策が多数公開

  8. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテストを世界4地域で開催─今度はオトモ装備も応募可能ニャ!

  9. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  10. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

アクセスランキングをもっと見る