人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム開発者に聞いてみたニンテンドー3DS

任天堂 DS

ニンテンドーカンファレンス2010
  • ニンテンドーカンファレンス2010
  • ニンテンドーカンファレンス2010
うちにはある、うちにはない、と囁かれていたニンテンドー3DSの開発機材ですが、開けてみればニンテンドーカンファレンス2010には多数の3DSタイトルが出展されました。そこで実際に開発に携わっている開発者に聞いてみました。

まず裸眼立体視という最大の特徴について。「元々3Dで制作されているゲームを立体視に対応するのはそう難しくない」という事がよく言われますが、実際に作ってみると「なかなか大変」という声が聞かれました。

これまでの携帯ゲーム機でも、3Dゲームを作るというのは極一般的でした。しかし最終的な出力は2Dです。ある程度はポスト処理で誤魔化せていたのが、これが立体視になると「誤魔化しが効かない」と話す人もいました。

画面サイズはそう大きくないものの、性能も向上しており、質の高いゲームを開発しようとするとその苦労はDSとはまた違ったものになりそうです。

また、本日の発表にもあった「いつの間に通信」など通信周りの環境向上が3DSの特徴でもあります。さっそく本日発表になっている『スーパーストリートファイターIV 3D Edition』ではゲームカードを刺してなくともすれ違いで対戦が出来るようになっています。

この機能についてある開発者に聞いたところ、関心は高い模様。ただし「自動的に通信がされるというのは個人情報との絡みもあり、任天堂もかなり神経質になっていて、出来る事に関しては事細かくガイドラインが作られている」とのこと。ユーザーにとっては少し安心というところでしょうか。
《編集部》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  2. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  5. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』ガチマッチに参戦する時の心得 ─ これを読めば初心者でも勝てるかも?

アクセスランキングをもっと見る