人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2010】チュンソフト中村光一社長に聞く『風来のシレン5』

東京ゲームショウ2010会場にて、チュンソフト社長である中村光一氏に『不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス』についてお話しを伺いました。

任天堂 DS
【TGS 2010】チュンソフト中村光一社長に聞く『風来のシレン5』
  • 【TGS 2010】チュンソフト中村光一社長に聞く『風来のシレン5』
東京ゲームショウ2010会場にて、チュンソフト社長である中村光一氏に『不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス』についてお話しを伺いました。

『不思議のダンジョン 風来のシレン5』は、毎回入るたびにダンジョンの形が変わる「不思議のダンジョン」シリーズの最新作です。時系列は『風来のシレンDS2』と『風来のシレン3』の間の物語となっています。

チュンソフトの中村光一社長


――― 今回『風来のシレン』シリーズ初のマルチプレイに初めて対応したことが注目を集めています
中村:実は以前よりお客様からの要望が多く届いており、ネット環境などの問題で実現出来なかったんです。そこで前作『風来のシレン4』を作っている時にアイディアが浮かび、今回実装することが出来ました。詳しい詳細は続報をお待ちください。

―――新たに登場する「ガイドキャラクター」について
中村:過去のシリーズにNPCキャラクターがいましたが、それと同じお助けキャラクター的存在です。もちろん現在公開されているアルバイトの女の子「タオ」以外にもいろいろ登場します。

―――『風来のシレン4』は(ものすごく頑張って運が良ければ)1発クリアが出来ましたよね
「毎回出来そうで出来ないかもね」と言いながら、みなさんやってしまうんですよね(笑)。それが『風来のシレン』のすごいところでもあります。ななめ歩きとか普通にやっていますが、作り手としてそれを前提にするとものすごく難易度が上がってしまいます。なので、1発クリアできるのはその辺のバランス次第ですね。
(※1発クリアとは、1回目のプレイでエンディングまで到達すること)

―――コアユーザーと新規ユーザーのバランスは?
『風来のシレン』シリーズのユーザーさんってハードなユーザーが多いので、あまり簡単にしすぎてしまうと怒られてしまいます。新しくプレイする方が『風来のシレン』を理解出来るように、練習用(解説用)ダンジョンを用意しています。ここでダンジョンを攻略するコツみたいなのをしっかり学べるようになっています。

―――6年ぶりにパブリッシャー復帰しました
ゲーム業界は、コンシューマゲーム機から携帯電話機まで以前より状況が変わってきています。たとえば今までのようにTVCMだけ流せば売れるという訳ではありませんよね。情報をいかにユーザーへちゃんと伝えていくか、しっかり考えながら届けられるようにということで、改めてもう一度パブリッシャーに復帰しました。よろしくお願いします。

―――期待しています、ありがとうございました

『不思議のダンジョン 風来のシレン5 ~フォーチュンタワーと運命のダイス』は、2010年12月に発売予定で価格は未定です。

(C)2010 CHUNSOFT
《》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」あなたはどっち派?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」あなたはどっち派?【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  8. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る