人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2010】コーエーとテクモが手を組み『仁王 NiーoH』を開発再開

ソニー PS3

【TGS 2010】コーエーとテクモが手を組み『仁王 NiーoH』を開発再開
  • 【TGS 2010】コーエーとテクモが手を組み『仁王 NiーoH』を開発再開
  • 【TGS 2010】コーエーとテクモが手を組み『仁王 NiーoH』を開発再開
  • 【TGS 2010】コーエーとテクモが手を組み『仁王 NiーoH』を開発再開
  • 【TGS 2010】コーエーとテクモが手を組み『仁王 NiーoH』を開発再開
東京ゲームショウ2010のビジネスデイ1日目、コーエーテクモブースで、シブサワ・コウ氏と早矢仕洋介プロデューサーの対談が実現。2人が中心となって『仁王 NiーoH』を開発することが発表されました。

シブサワ・コウ氏は株式会社コーエーテクモゲームスのゼネラルプロデューサー。歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』『三國志』の生みの親として知られますが、ゲームショウのイベントに参加するのは、なんと10年ぶり。『決戦』発売時以来だといいます。

一方の早矢仕洋介氏は、同社の開発チームTeamNINJAを率いるプロデューサー。TeamNINJAは先日、『METROID Other M』(wii)をリリースしたばかりです。

『仁王』は5年前に開発がスタート。当初はPS3のロンチタイトルとなるはずでしたが、シブサワ氏自身「面白さが出せていない」として開発が一時中断されていたものです。

昨年、コーエーテクモゲームスの設立を機に両者が話をしたところ、シブサワ氏は「彼らならすばらしい『仁王』を作ってくれるだろう」と感じたといいます。実際、シブサワ氏は『デッド・オア・アライブ』などTeamNINJAの作品に触れており、『METROID Other M』に至っては「攻略本を送ってほしい」と早矢仕氏に頼むほど、その出来に満足していたとのこと。

早矢仕氏らTeamNINJAも、「『METROID Other M』を通しチームの外の人と開発する楽しさを知りました。今度の相手は、これほど楽しく作れる相手は他にいない『最高のパートナー』」だといいます。一度は中断したタイトルということで、超えるべきハードルが高く感じないか? との問いには「いろんなアイデアをいただき、挑戦しています」と前向きな発言がありました。

『仁王 NiーoH』の舞台は戦国時代。金髪碧眼の侍が主人公だといいます。これは一時中断する前の『仁王』の設定を、ほぼ引きついだものとのこと。

早矢仕氏が「TeamNINJAはあらゆる忍者を生み出してきましたが、今度は皆さんが想像する『サムライ』の、さらに上をいきたい」と意気込みを語ると、シブサワ氏も「(早矢氏との)年齢差を考えると、親子で作るようなものですが、頑張って良い作品を作りたい」と話しました。

なお、対応機種については「PS3を中心に展開」。発売時期は「発表会を開き、その時に皆さんにお伝えしたい」とのことです。
《D》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『絶体絶命都市4』10月25日に発売! 7月より体験会を実施

    PS4『絶体絶命都市4』10月25日に発売! 7月より体験会を実施

  2. 『バイオハザード RE:2』4Kプレイ映像が公開!ーより鮮明になり、恐怖は加速する…

    『バイオハザード RE:2』4Kプレイ映像が公開!ーより鮮明になり、恐怖は加速する…

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『New ガンダムブレイカー』PS4版発売!レスポンス向上など今後の改善予定も

  5. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”のヴァルハザクがついに登場!見事討伐して防具「ウルズγシリーズ」を手に入れよう

  6. シリーズ最新作『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』の新情報が公開―世界一の都市災害体験シミュレーターに注目!

  7. 『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』の開発に「神戸市消防局」が協力―よりリアルな災害の現場を再現

  8. 『フォートナイト』ファンに熱望されたダンスが新エモートとして実装―元ネタの少年は大喜び

  9. PS4『絶体絶命都市4』情報解禁!就活中の主人公に襲い掛かる災害、崩壊した街…そのストーリーと映像をお届け

  10. 『アサシン クリード オデッセイ』は“サービス”になり、毎週コンテンツが追加予定―海外報道

アクセスランキングをもっと見る