人生にゲームをプラスするメディア

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』、美麗フィールドと驚愕ボスバトルに注目

バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox 360ソフト『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox 360ソフト『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』の最新情報を公開しました。

前作同様、“アニメとゲームの華麗なる融合”をコンセプトに、アニメを自分で動かしているかのような美しいグラフィックで描かれる、超シネマクオリティの次世代アクションゲームとなっています。

プレイヤーは、主人公であるナルトをはじめとした個性あふれるキャラクターたちのなかから好きなキャラクターを選択し、忍術や奥義をタイミングよく繰り出しながら戦闘を進めていきます。

戦闘は、原作の世界観を再現した3対3の「スリーマンセルバトル」を採用。プレイヤーは最大2人のサポートキャラクターを選択し、敵味方が入り乱れた戦闘を繰り広げることとなります。ファン待望のオンライン対戦も実装されており、「プレイヤーマッチ」「ランクマッチ」の対戦形式が用意されています。

メインモード「アルティメットアドベンチャー」はTVアニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」の物語を追体験できる内容。プレイヤーは木ノ葉の里を拠点にさまざまな場所に赴き、ミッションをこなしていきます。



前作は木ノ葉の里のみの冒険でしたが、本作の舞台は大きく拡大しているとのことです。しかもそれらの背景は、新世代機ならではの新技法「アーティスティックフィールド」で描画されており、2Dで表現されたアニメの世界を3Dで表現されたナルト達が自由自在に動き回れます。



ボスバトルも大幅に進化。バトル進行に合わせてバトルフィールドが変化し、戦略的な闘い方が必要となります。またバトルフィールドだけでなく、バトル方法も大きく変化するものも存在する模様。



今回は我愛羅とディダラのバトルとして、敵をロックオンし攻撃する、シューティングゲームスタイルのスクリーンショットも公開されました。



さらにサソリの操る百機の傀儡と戦う“2vs100”、フィールドを縦横無尽に駆ける“角都戦”のビジュアルも公開されています。

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』は、10月21日(木)発売で価格は7,329円(税込)です。

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)2010 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 編集部にPS5が到着!まずは外箱をじっくりチェックだ……!

    編集部にPS5が到着!まずは外箱をじっくりチェックだ……!

  2. 『Apex Legends』期間限定モード「シャドウロワイヤル」の影はスピード感抜群!『タイタンフォール』のようなウォールランで戦場を駆け巡れ

    『Apex Legends』期間限定モード「シャドウロワイヤル」の影はスピード感抜群!『タイタンフォール』のようなウォールランで戦場を駆け巡れ

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  4. 『モンハン:アイスボーン』歴戦王イヴェルカーナとの初戦結果を一挙紹介! 新大陸を締めくくる王者に感謝の声が殺到【アンケート】

  5. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

  6. 『モンハン:ワールド』もうキャンプ送りはイヤだ! 初心者がモンスターを狩るための10ヶ条【特集】

  7. 『モンハン・アイスボーン』筋肉全開な重ね着、「マッスルγ」は相当遊べる!あるゴリマッチョなハンターの炭鉱夫生活

  8. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  9. 『Ghost of Tsushima』後編:何故日本の長弓はオーバーキル性能を持ってしまったのか?【ゲームで英語漬け#32】

  10. 『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

アクセスランキングをもっと見る