人生にゲームをプラスするメディア

「いま超大作を作るのは間違っている」 ― Biowareが厳しい現状認識

ゲームビジネス 開発

「超大作を作るのは間違いだ」というほどにゲーム業界は厳しいようです。

BiowareのバイスプレジデントであるGreg Zeschuk氏は海外メディアに対し、厳しい現状認識を語っています。

Biowareは『Mass Effect』『Dragon Age: Origins』といった大作ゲームで知られているソフトハウス。しかしZeschuk氏は「たったいまAAAクラスの超大作を作ろうというのは、開発者たちにとって間違ったゴールです」とコメントしています。

「私の世代において(AAAクラスの超大作を作る機会)は追い求めるものの一つでしたが、現在その可能性はより狭くなっています」

「10年前にEAの一部になることを打診されたらNOと答えただろうが、今なら情勢に合っている」

デベロッパーにとって独立を守ることは大きなテーマのはずですが、ここまでいわせるのですから、現状はかなり厳しいということなのでしょう。

また『Star Wars: The Old Republic』の遅れに関して「我々は他の人のように土壇場での問題を抱えている。しかし我々には家族が居る。仕事と人生のバランス、従業員間の公正さ、オフィスで働ける時間などに関するガイドラインがある。“土壇場を共にし、共感できること”ことがベストだ。皆とその決定を信じられ、土壇場をどう終わらせるかの決定ができるような。我々は数年間ここでつまづいている。限度を設けなければならなかったということだ」とコメントしています。

大きなチームで超大作を開発するということには色々と限界が訪れているということのようでしょうか。超大作を作るBiowareからなされたということで貴重な発言といえるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  2. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  3. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  4. 任天堂の岩田聡社長が逝去、胆管腫瘍のため

  5. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  6. (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る

  7. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  8. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  9. 【CEDEC 2014】飛び出す絵本のアドベンチャーゲーム『Tengami』の制作プロセス

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る