人生にゲームをプラスするメディア

「今のゲームは高すぎる。2600円で4~5時間で終わるゲームを」-ナムコバンダイパートナーのVPが提言

ゲームビジネス 市場

「今のゲームは高すぎる」と業界人は警鐘を鳴らします。

ナムコバンダイパートナーのバイスプレジデントであるOlivier Comte氏は、海外ゲームサイトMCVに対し、ゲームの価格は不適切なものであるとする見解を明らかにしました。

「ゲームの価格は消費者にとって高すぎるので、将来これを変えなければならないと確信しています。開発費用と小売へのマージンをあわせて40ポンド(約5200円)という価格は我々にとってフェアなものですが、消費者には高すぎます」

Comte氏がいう適切な価格は20ポンド(約2600円)ほど。20ポンドに見合った内容を提供し、その後はDLC(ダウンロードコンテンツ)に移行するというビジネスモデルを提案します。

「9月~12月は毎週超大作が発売されますが、全て買うような余裕は消費者にはありません。ゲームにとって良い価格は20ポンド前後ですが、この価格では10~15時間ものアドベンチャーを作ることはできません。20ポンドで我々が提供できるのは4~5時間のプレイで、その後はDLCで追加のお金を儲けることができます」

任天堂のようなゲーム機の販売メーカーには、パブリッシャー(流通会社)が新たなビジネスモデルへ移行することを助ける義務がある、とComte氏はいいます。

「パブリッシャーがニンテンドーDSのゲームで儲けることは不可能です。例を挙げるなら、ニンテンドーDSのゲームは15ポンド(約1900円)で売られているからです。
我々は小売にこれより安く卸さなければならないし、マーケティング、生産、ディストリビューションの全てにコストを払わなければならないのですから。これは現実的なビジネスモデルではありません」

単純に価格を下げるのではなく、プレイ時間を含めた様々な部分で改革を行わなければならない、というのが氏の主張。

「新たなビジネスモデル」とはDLC主導&4~5時間というスタイルを指すようですが、現在はプレイ時間が長期化する傾向にあるだけに、従来よりも短い時間で満足させ、さらにDLCに追加投資する気にさせる……というのは作り手の腕が問われることになりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

    今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. Wii U向けソフト開発も!?会社設立5周年、ポイソフト石川社長&中川プログラマーインタビュー

    Wii U向けソフト開発も!?会社設立5周年、ポイソフト石川社長&中川プログラマーインタビュー

  4. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  5. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  6. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  7. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  8. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  9. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  10. ユニティとグリーの関係性をアピール ― 「Unity at GREE」が示すソーシャルゲームの未来

アクセスランキングをもっと見る