人生にゲームをプラスするメディア

「今のゲームは高すぎる。2600円で4~5時間で終わるゲームを」-ナムコバンダイパートナーのVPが提言

「今のゲームは高すぎる」と業界人は警鐘を鳴らします。

ゲームビジネス 市場
「今のゲームは高すぎる」と業界人は警鐘を鳴らします。

ナムコバンダイパートナーのバイスプレジデントであるOlivier Comte氏は、海外ゲームサイトMCVに対し、ゲームの価格は不適切なものであるとする見解を明らかにしました。

「ゲームの価格は消費者にとって高すぎるので、将来これを変えなければならないと確信しています。開発費用と小売へのマージンをあわせて40ポンド(約5200円)という価格は我々にとってフェアなものですが、消費者には高すぎます」

Comte氏がいう適切な価格は20ポンド(約2600円)ほど。20ポンドに見合った内容を提供し、その後はDLC(ダウンロードコンテンツ)に移行するというビジネスモデルを提案します。

「9月~12月は毎週超大作が発売されますが、全て買うような余裕は消費者にはありません。ゲームにとって良い価格は20ポンド前後ですが、この価格では10~15時間ものアドベンチャーを作ることはできません。20ポンドで我々が提供できるのは4~5時間のプレイで、その後はDLCで追加のお金を儲けることができます」

任天堂のようなゲーム機の販売メーカーには、パブリッシャー(流通会社)が新たなビジネスモデルへ移行することを助ける義務がある、とComte氏はいいます。

「パブリッシャーがニンテンドーDSのゲームで儲けることは不可能です。例を挙げるなら、ニンテンドーDSのゲームは15ポンド(約1900円)で売られているからです。
我々は小売にこれより安く卸さなければならないし、マーケティング、生産、ディストリビューションの全てにコストを払わなければならないのですから。これは現実的なビジネスモデルではありません」

単純に価格を下げるのではなく、プレイ時間を含めた様々な部分で改革を行わなければならない、というのが氏の主張。

「新たなビジネスモデル」とはDLC主導&4~5時間というスタイルを指すようですが、現在はプレイ時間が長期化する傾向にあるだけに、従来よりも短い時間で満足させ、さらにDLCに追加投資する気にさせる……というのは作り手の腕が問われることになりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  3. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  4. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  5. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  6. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  7. DeNAはエンジニアが働きやすい!? 人材採用にみる同社の社風とは

  8. 『FGO』塩川洋介氏が「京まふ2018」のキャリアアップフォーラムに登壇、ゲーム業界就職希望者へ向けセミナー講演

  9. 【CEDEC 2011】Unity、日本法人Unity Technologies Japanを設立

  10. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

アクセスランキングをもっと見る