人生にゲームをプラスするメディア

Wiiがボートになる?ボート漕ぎ運動ができる面白周辺機器

Wiiの進化(?)はどこまで続くのでしょう。今度はWiiがボートに変身です。

その他 全般
Wiiの進化(?)はどこまで続くのでしょう。今度はWiiがボートに変身です。

周辺機器メーカーのCTADigitalは「Wii Rowing」を発表しました。Wiiでボート漕ぎ運動ができるという奇想天外な周辺機器です。Wiiリモコンをハンドルにセット、ペダル部分に足を固定すれば、お茶の間でボート気分が味わえます。



ゲームを使った様々なフィットネスが考案されてきましたが、これはなかなか効果がありそうです。電源不要で手軽に使えるのに加え、負荷の強さを調整可能。「高価なジムの会員権がなくても、自宅でエアロビックなエクササイズができます」とのことです。

価格は34.99ドル(約3200円)で、2010年6月27日の発売。CTADigitalはWiiリモコンをボウリングのボールにする「WI-BOWL」、アメフト気分が味わえる「WI-SFOOT」といったユニークな周辺機器で知られていますが、果たしてどこまでいってしまうのでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

    『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

  2. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  6. コジマプロダクション、東京ゲームショウ2018に物販ブースで参加決定―新商品のリクエストも受付中

  7. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  8. 「TGS2018」SNK物販ブースの情報が公開―限定ステッカー付きの『NEOGEO mini』や、品薄が続く『PAD』なども販売!

アクセスランキングをもっと見る