人生にゲームをプラスするメディア

PCから携帯電話へ、プレイを中断せずに移行できるソーシャルゲーム用エンジンが発表

ゲームビジネス 開発

ソーシャルゲームのCrowdStarとSiXiTSはソーシャルゲーム用エンジン「Sibblingz」を発表しました。

「Sibblingz」はゲームを中断することなくプラットフォームを移行できるのが特徴。PCでソーシャルゲームを遊んでいた場合、これを中断せずそのままiPhoneやAndroidでのプレイにシフトできるとされています。

CrowdStarのPeter Relan氏とInterpret LLCのMichael Cai氏によれば、「Sibblingz」エンジンを使うことでクロスプラットフォーム展開を容易とし、さらには機種ごとの操作感の違いを吸収できるとのこと。

両氏は「「Sibblingz」エンジンを使えば、ゲームをiPad用に最適化し、Facebookで(PCから)遊ぶのと同じバックエンドにアクセスするようにできます。これは多機種にまたがるゲームを構築しようとする開発者に劇的な影響を及ぼします」とコメントしています。

いつでもどこでも遊べることはソーシャルゲームにおいて重要なポイントの一つ。多機種展開で多くのプレイヤーを取り込み、家や外出先で楽しめる環境を作り出すことはプレイヤーの囲い込みという点でも大きな効果を上げそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

    ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  3. 消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知

    消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知

  4. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  5. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  6. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  7. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  8. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  9. IGDA日本グローカリゼーション部会、第4回研究会「大規模プロジェクトにおけるローカライズフロー」を開催(前編)

  10. 『マジモン』でスマッシュヒットを飛ばしたdangoが求める人材像とは?

アクセスランキングをもっと見る