人生にゲームをプラスするメディア

インディーズゲームの祭典「IndieCade 2010」の出展作品の募集が開始

インディーケイド(IndieCade / 国際インディゲームフェスティバル)は今年の「IndieCade 2010」への出展作品の募集を開始しました。

ゲームビジネス 開発
インディーズゲームの祭典「IndieCade 2010」の出展作品の募集が開始
  • インディーズゲームの祭典「IndieCade 2010」の出展作品の募集が開始
インディーケイド(IndieCade / 国際インディゲームフェスティバル)は今年の「IndieCade 2010」への出展作品の募集を開始しました。

インディーケイドは、インディーズゲームの発展を目指し、開発のサポートやフェスティバルの開催を行っている団体です。2005年に設立され、諮問委員会には『シムシティ』のウィル・ライト氏、『Earthworm Jim』のDave Pperry氏、『塊魂』の高橋慶太氏といったゲーム業界の著名な面々によって構成されています。

「IndieCade 2010」は来月6月に開催されるE3でプレビューが実施され、本番は10月8日~10日にロサンゼルス近郊のCulver Cityで開催されます。最も優秀な作品の選出やパネルディスカッション、ワークショップなど様々な関連イベントが予定されています。また、10月26日~31日にはイギリスでもイベントが予定されています。

出展作品は全世界から募集され、形式はどのようなインタラクティブメディアでもOKで、進行中のプロジェクトでも参加が可能だとのこと。通常のゲームはもちろんのこと、芸術性、実験性、代替現実(ARG)、 抽象性、モバイル性、機能性、ソーシャル性、ハイブリッド性、設置型など形式は問いません。もちろん規模の大小も関係ありません。

応募は公式サイトのフォームから可能で、締め切りは6月1日。E3で最終候補作が展示され、10月の本番イベントで最優秀作品が決定します。事務局では「これまでは日本からの応募は少なかったものの、多くのインディゲームが開発されていることから、今回は多数の参加があることを期待したい」と話していました。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケパーク等で販売のぬいぐるみにミシン針が混入

    ポケパーク等で販売のぬいぐるみにミシン針が混入

  2. SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

    SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

  3. 【昨日の人気記事チェック】『どうぶつの森』がWiiに登場(7月19日)

    【昨日の人気記事チェック】『どうぶつの森』がWiiに登場(7月19日)

  4. それは“絶望の一週間”―『シノアリス』のエンジニアがサービスイン時の混乱を語る【CEDEC 2018】

  5. バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

  6. 「Destroy All Humans!」の続編が2タイトル、WiiとPS3・Xbox360向けに発表

  7. ポケモンフェスタ2003レポート 2.夏祭り〜ポケモン縁日コーナー

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. 【Unite Japan 2014】デジタルサイネージ、クラブ、アトラクション、広がるUnityの活躍の場

  10. 任天堂向けに方針転換を探るテイク2インタラクティブ

アクセスランキングをもっと見る