人生にゲームをプラスするメディア

『GTA:エピソード・フロム・リバティーシティ』爆弾やグレネードなど強力な武器が多数新登場

ソニー PS3

グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
Take-Two Interactive Japanは、PS3/Xbox360ソフト『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』の最新情報を公開しました。

『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』は、追加エピソード『グランド・セフト・オートIV:ザ・ロスト・アンド・ダムド』(TLAD)と『グランド・セフト・オート:バラッド・オブ・ゲイ・トニー』(BOGT)の2作品を収録したパッケージソフトです。プレイヤーは、『TLAD』ではリバティーシティの薄汚れた下層社会を、そして『BOGT』ではそれとは対照的にきらびやかな上流社会を体験することになります。



このように『エピソード・フロム・リバティーシティ』は、世界観が異なる2つのストーリーとプレイ経験で構成されています。“GRIME(埃に塗れた)”なバイクギャング「ザ・ロスト」の血で血を争う抗争の物語と、“GLITZ(煌びやかな)”な人間がさまざまなドラマを紡ぐ物語。それぞれ正反対の社会に属しながらも、「ジョニー」と「ルイス」には共通点があります。それは自分にとって大切な人間を守るために“GUNS(武器)”をその手に立ち上がること。今回は、新しく追加された武器、そしてそれらの使い道が公開されました。



「Pipe Bomb(パイプ爆弾)」は、ライバルギャング「エンジェルズ・オブ・デス」の追手から逃れるときに重宝する武器。爆弾を手放すまでの時間によって起爆するタイミングを自在に調整できます。



「Sawn-off Shotgun(ソウンオフ・ショットガン)」は、自動車をも仕留める強力な銃。「Combat Shotgun“Sweet Sweeper”(軍用ショットガン“Sweet Sweeper”)」は10発の散弾を自動的に再装填する、恐ろしいほどのパワーをもつ武器です。



そして「Grenade Launcher(グレネ―ドランチャー)」は言わずと知れた、手榴弾を発射する銃。その威力は他の銃とは一線を画し、ロケットランチャーに匹敵します。多くの敵、また国家権力に立ち向かうには欠かせない武器となるでしょう。



その他「Advanced MG(改良型マシンガン)」「Gold SMG(ゴールドサブマシンガン)」「Explosive Shotgun(榴弾オートショットガン)」など、街のギャングどころか、軍隊も制圧できそうな強力火器が登場します。



では、これだけ多数の武器をどう運べばいいのでしょう?仲間がいるという強みは、こういうところでも活かすことができます。たとえば「ザ・ロスト」のメンバーは、望めばいつでもどこでも、チームの武器番・テリーに電話をかけ、銃や弾薬の配達を頼めます。便利な「テリーの武器バン」の登場です。

『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』(CERO区分「Z」)は2010年6月10日発売の予定。価格は6,090円(税込)の予定です。

(C) 2010 Rockstar Games, Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』発売日にアップデートを実施! 未適用だとオンラインサービスに制限─「プーギー」やギャラリー機能も追加

    『モンスターハンター:ワールド』発売日にアップデートを実施! 未適用だとオンラインサービスに制限─「プーギー」やギャラリー機能も追加

  2. 「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編─PSP・3DSで大ヒット連発! 名作の数々をご紹介【アンケート】

    「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編─PSP・3DSで大ヒット連発! 名作の数々をご紹介【アンケート】

  3. 『ドラゴンボール ファイターズ』第2弾TVCMを公開、鳥山明監修の「人造人間21号」が真の姿を見せる…!?

    『ドラゴンボール ファイターズ』第2弾TVCMを公開、鳥山明監修の「人造人間21号」が真の姿を見せる…!?

  4. 「どの『モンハン』が一番好き?」据え置き機編─シリーズ幕開けの初代から『ダブルクロス』までの歩みを振り返る【アンケート】

  5. 【吉田輝和のVR絵日記】『V!勇者のくせになまいきだR』ムスメさんとのスキンシップの様子は何だか事案っぽかった

  6. 死に覚えゲー『仁王』動画コンテストの結果発表!―やり込み&失敗プレイに括目せよ!

  7. 『モンハン:ワールド』無料アプデで「イビルジョー」参戦!新モンスター「ドドガマル」など新情報公開

  8. 『モンハン:ワールド』公開生放送で初披露PVや新情報が! 「G級はどうなる?」気になる終了後インタビューも【レポート】

  9. 『モンハン:ワールド』テオ・テスカトル&クシャルダオラ続投!最新PVにて明らかに

  10. 【1/18更新】『真・三國無双8』登場武将や対応機種は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る