人生にゲームをプラスするメディア

『Heavy Rain』の父、「『Wii Fit』を遊ぶ人々に受け入れられるかどうか分からない」

『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』のディレクターは「『Wii Fit』をやるような人々に自作が受け入れられるかどうか分からない」と語ります。

ソニー PS3
HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』のディレクターは「『Wii Fit』をやるような人々に自作が受け入れられるかどうか分からない」と語ります。

『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』のディレクターを務めたQuantic DreamのDavid Cage氏はIndustryGamerのインタビューに対し「『Heavy Rain』への評価は極端なものになると思ったが、373のレビューが10満点で9点をつけている。興味深いのは主流派のマスコミも反応していること。こうした人々は通常、暴力中毒のゲームに関して語るだけだが、『Heavy Rain』についても語ってくれた。ゲームが本当に独創的で革新的だったからだ」とコメントしています。

IndustryGamer:「ソニーがPlayStation Moveの目標の一つとしているのはWiiユーザーのいくらかを捕らえることですが、Wiiユーザーから新たにゲーマーになった人が『Heavy Rain』のようなゲームをすると思いますか?」

David Cage氏:「そうなら良いと思っている。多くの新人ゲーマーは『Wii Fit』を遊ぶためにこの世界へ入ったが、彼らは『Heavy Rain』のようなゲームに飛びつくだろうか?私にはよく分からない。
プレイステーション3を買うのをためらう多くの人々がいるが、それはブルーレイプレイヤーを持っているから。彼らは多分『Heavy Rain』のようなゲームを求めているが、それは映像体験に近いからだ」

自作『Heavy Rain』は映像体験に近いものを求める人々にアピールするが、『Wii Fit』を遊ぶような人々はゲームに求めるもの自体が異なるので、『Heavy Rain』が受け入れられるかどうかは分からない……とするのがCage氏の意見の模様。

氏の考察が正しければライト層は遊びの動機そのものが異なっているということになりますが、これを上手く取り込みつつコア層へアピールする方法が分かれば現在のゲーム界を制することができるのかも知れません。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

    『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  2. 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意

    『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意

  3. 対馬市公式コラボサイト「Ghost of “REAL” Tsushima」にて激ムズ対馬クイズが公開!マニアックな問題が出題

    対馬市公式コラボサイト「Ghost of “REAL” Tsushima」にて激ムズ対馬クイズが公開!マニアックな問題が出題

  4. 『ネプテューヌ』シリーズ最新作は『閃乱カグラ』とコラボ!―PS4向けARPG『閃乱忍忍忍者大戦ネプテューヌ -少女達の響艶-』2021年発売

  5. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【3月9日】─「アキバ☆ソフマップ」の抽選受付が本日スタート!

  6. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【3月8日】─「お宝創庫」にて抽選受付を実施中

  7. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  8. 『原神』Ver.1.4で「ウェンティ」「タルタリヤ」が再び…!本作初となる復刻ガチャイベントが実施決定

  9. 『初音ミク Project DIVA Future Tone / DX』DL版が“ミク価格”3,900円(税抜)に改定!全世界累計出荷数は55万本を突破

  10. シリーズ最新作『テイルズ オブ アライズ』映像公開―2021年春に続報を予告

アクセスランキングをもっと見る