人生にゲームをプラスするメディア

【プレビュー】DSのルパンは謎解き+アクション『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』体験版

任天堂 DS

ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
先週東京ドームシティで行われた「LUPIN STEAL JAPAN PROJECT お宝山分け会」の会場で体験できた新作ニンテンドーDSソフト『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』体験版をプレイしたレビューをお送りします。

おなじみとっつあんも登場ルパンらしい仕掛けや謎見つからないように移動


『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』は、謎ゲーと呼ばれるゲームに部類します。プレイヤー自信が頭を使って謎を解いて物語を進める、そんなゲームです。これだけ聞くとアドベンチャーゲームのイメージを浮かべるかと思いますが、実はアクションパートもあります。

「ルパン三世」をテーマにしたゲームはこれまで多くのハードでいくつも発売されてきましたが、この10年余りはバンプレストからプレイステーション2向けに発売されたものが今のゲームファンに知られているのではないでしょうか。内容もアクションゲームが多く、変装したり銃撃戦など原作のイメージを追体験できる内容が殆どです。
(※2003年にゲームキューブで発売された『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』はアドベンチャーゲームです)

前置きが長くなりましたが、今回の『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』にもアクションパートが存在します。横スクロールの一般的なマップで、その途中に仕掛けがルパンの行く先を阻みます。例をあげると、動かせるキューブをスイッチに乗せて開く扉などです。他にもルパンはジャンプや崖際にしがみついたりも。

そしてお宝がある場所まで行くとIQミッションが始まります。体験版では4つあるチェスを動かして特定の位置に置くとクリアになる仕掛けでした。クリア判定があり、間違っているとやり直しになります。

まとめると『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』は、アクションパートで横スクロールのマップを進みながらお宝の場所へトラップを乗り越えて移動し、お宝などの場所に行くとそこで謎解きをするという流れのゲームです。ただひたすら謎を解くゲームではないのが実際にプレイしてわかりました。



アクションと謎解きが好きで、さらにルパンファンであれば買いです。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

  2. あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?【読者アンケート】

    あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?【読者アンケート】

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  5. スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

  6. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  7. 『スマブラSP』「夜刀神」と「竜穿」で激戦に臨む『FE if』カムイ、男女の選択も可能

  8. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  9. 『スプラトゥーン2』好きなスペシャルウェポン投票はなんとマルチミサイルが圧勝!【読者アンケート】

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.3.1.0の注目ブキ8選

アクセスランキングをもっと見る