人生にゲームをプラスするメディア

【プレビュー】DSのルパンは謎解き+アクション『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』体験版

先週東京ドームシティで行われた「LUPIN STEAL JAPAN PROJECT お宝山分け会」の会場で体験できた新作ニンテンドーDSソフト『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』体験版をプレイしたレビューをお送りします。

任天堂 DS
ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
  • ルパン三世 史上最大の頭脳戦
先週東京ドームシティで行われた「LUPIN STEAL JAPAN PROJECT お宝山分け会」の会場で体験できた新作ニンテンドーDSソフト『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』体験版をプレイしたレビューをお送りします。

おなじみとっつあんも登場ルパンらしい仕掛けや謎見つからないように移動


『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』は、謎ゲーと呼ばれるゲームに部類します。プレイヤー自信が頭を使って謎を解いて物語を進める、そんなゲームです。これだけ聞くとアドベンチャーゲームのイメージを浮かべるかと思いますが、実はアクションパートもあります。

「ルパン三世」をテーマにしたゲームはこれまで多くのハードでいくつも発売されてきましたが、この10年余りはバンプレストからプレイステーション2向けに発売されたものが今のゲームファンに知られているのではないでしょうか。内容もアクションゲームが多く、変装したり銃撃戦など原作のイメージを追体験できる内容が殆どです。
(※2003年にゲームキューブで発売された『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』はアドベンチャーゲームです)

前置きが長くなりましたが、今回の『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』にもアクションパートが存在します。横スクロールの一般的なマップで、その途中に仕掛けがルパンの行く先を阻みます。例をあげると、動かせるキューブをスイッチに乗せて開く扉などです。他にもルパンはジャンプや崖際にしがみついたりも。

そしてお宝がある場所まで行くとIQミッションが始まります。体験版では4つあるチェスを動かして特定の位置に置くとクリアになる仕掛けでした。クリア判定があり、間違っているとやり直しになります。

まとめると『ルパン三世 史上最大の頭脳戦』は、アクションパートで横スクロールのマップを進みながらお宝の場所へトラップを乗り越えて移動し、お宝などの場所に行くとそこで謎解きをするという流れのゲームです。ただひたすら謎を解くゲームではないのが実際にプレイしてわかりました。



アクションと謎解きが好きで、さらにルパンファンであれば買いです。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』注目の新家具「どかん」をさらに便利に使う6つのテクニック! 見た目が嫌な人でも使えるぞ

    『あつまれ どうぶつの森』注目の新家具「どかん」をさらに便利に使う6つのテクニック! 見た目が嫌な人でも使えるぞ

  2. 『スマブラSP』「ホムラ/ヒカリのつかいかた」は今晩4日23時から!桜井氏「変わったゲーム番組として観るのもアリ」

    『スマブラSP』「ホムラ/ヒカリのつかいかた」は今晩4日23時から!桜井氏「変わったゲーム番組として観るのもアリ」

  3. “上 力こぶ 下の手腰に”と指示が飛ぶ「カイリキー体操」に「腕が足りねえ!」とツッコミ殺到ー「よっ潤いボディ!」といった合いの手もカオス

    “上 力こぶ 下の手腰に”と指示が飛ぶ「カイリキー体操」に「腕が足りねえ!」とツッコミ殺到ー「よっ潤いボディ!」といった合いの手もカオス

  4. 『MOTHER2』愛がいっぱいの『あつ森』島クリに、糸井重里氏も「ほんとにすごいなー。」と反応!大人も子供も、おねーさんも遊びにいきたい

  5. 『あつまれ どうぶつの森』夢の“マリオ家具”がオーダー可能に!「どかん」ワープが島づくりに革命を起こす…キノコやコインも魅力的

  6. 『モンハンライズ』アンジャナフ、クルルヤック、プケプケなど『ワールド』のモンスターが映像見聞録に出現!あの強敵たちとまた戦える

  7. 食べてよし、薬効もあり!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「ドジョウ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  8. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  9. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る