人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の謎の新作「Nintendo/The Last Story」の正体は?

任天堂 その他

任天堂は今年の7月付けで「Nintendo/The Last Story」なる商標を登録しています。

海外ゲームサイトSiliconeraは「任天堂は日本のみに向けたゲームの場合、商標を日本語で登録する」ことに注目。『ヘラクレスの栄光』DS版の発売前に「Glory of Hercules」という英語商標が登録されたことを例に挙げ、「Nintendo/The Last Story」は海外向けの発売もあるのではないか、と推理します。

正体を解く手がかりとなる「商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務」は第9類、16類、28類、41類が登録されており、それぞれ「家庭用テレビゲームおもちゃや家庭用テレビゲームおもちゃ用プログラム」、「ノートブック、シャープペンシル、筆箱、その他の文房具類、トレーディングカード」、「カードゲームおもちゃ及びその附属品、携帯用液晶画面ゲームおもちゃ、携帯用液晶画面ゲームおもちゃの部品及び附属品」、「携帯用液晶画面ゲームおもちゃによる通信を用いて行う画像の提供、業務用テレビゲーム機による通信を用いて行う画像の提供、家庭用テレビゲームおもちゃによる通信を用いて行う画像の提供」を指しています。任天堂がゲームの題名を出願する際には標準的な区分であり、現時点では「Nintendo/The Last Story」が何らかの作品のタイトルであるらしいことしか分かりません。

Siliconeraの記事には「『ゼルダの伝説』の新作タイトルだろうか」「次のレトロスタジオのゲーム?新しいIP?モノリスの新作RPG?インテリジェントシステムズの新作?」「『Monado : Beginning of The World』をローカライズする時の題名じゃない?」「『ソーマブリンガー』みたいに日本専用のタイトルになるんじゃないのか」「『Metroid: The Last Story』なんてそれっぽいよね」「サクライ・センセイ(桜井政博氏)の新作じゃない?」といったコメントが付けられており、任天堂ゲームへの期待の高さが伺えます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―次回は11月28日~12月3日お届け分

    マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―次回は11月28日~12月3日お届け分

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

    【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  3. 【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

    【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

  4. グランプリに“乱入者”が登場する『ARMS』の更新データが配信開始!―「バッジ」などの新機能も追加

  5. 【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは誰にする?

  6. 3DS『逆転裁判4』の新たなプロモーション映像が公開―進化したグラフィックを確認!

  7. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  8. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. マイニンテンドーストアのエラーキャラ「ニンゴジラ」が予期せぬ人気に、海外メディアにも取り上げられる

アクセスランキングをもっと見る