人生にゲームをプラスするメディア

ユークス、米国に開発拠点を設立

ゲームビジネス 開発

ユークスは、北米における開発拠点として、米国カリフォルニア州に現地法人YUKE'S LA Inc.を設立すると発表しました。

設立は9月下旬、11月上旬より営業開始を予定していて、ユークスの谷口行規社長が代表を兼任する予定です。資本金は1万ドル。

ユークスは『UFC 2009 Undisputed』『WWE レジェンズ・オブ・レッスルマニア』『WWE2009 SmackDown vs RAW』(海外ではいずれもTHQより発売)など主力タイトルの海外比率が高く、現地法人の設立により、現地にも開発機能を置き、これを強化する狙いがあるものと思われます。

ただし、平成22年1月期の決算に与える影響は軽微だとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

    【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

  4. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  5. 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」

  6. 【CEDEC 2012】ゲームを使って楽しくリハビリを、『樹立の森 リハビリウム』で見えた課題と期待

  7. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. スクウェア・エニックスHD、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― 純利益34億800万円に

  10. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

アクセスランキングをもっと見る