人生にゲームをプラスするメディア

「Wiiウェアは見たこともないような風変わりなゲームを作れる」-『魂斗羅 Dual Spirits』のメーカーが語る

任天堂 Wii

『魂斗羅 Dual Spirits』『LIT』『A Boy and His Blob』(『ふしぎなブロビー』)で知られるWayForwardはWiiウェアへの意欲を表明します。

同社のクリエイティブディレクターであるMatt Bozon氏は海外ゲームサイトEDGE-ONLINEのインタビューに答えています。
WayForwardは『LIT』『Mighty Flip Champs!』でWiiウェアに参入しているのですが、他社のダウンロードサービスを使うことを考慮しなかったのかという質問に対し「我々は全てのダウンロードサービスを調べた。それらは異なったレベルで我々にアピールしたが、我々は任天堂に対して数年間強い関心を持っており、WiiウェアとDSiウェアで最初の一歩を踏み出すことを選んだ」と回答。

また、ダウンロードゲームのユーザーを「新しい何かが欲しい人々」と定義。ダウンロードゲームの開発規模は「より小さいチームと短い開発サイクル」であるが、小規模&短期間の開発によって小回りがきき、新鮮なアイデアを加工できることがダウンロードゲームの利点であるとしています。

また、Wiiウェアに関しては「ポジティブな影響」があり、「以前試みたこともないような風変わりなゲーム」の開発を可能にすると賞賛。「これまでの16年におけるライセンスゲームとオリジナルゲームの比率を考えれば、それは素晴らしいことである」と新たなオリジナルゲームを立ち上げるのに適した環境であると評価します。「顧客が戻ってき続けるのであればライセンスゲームとオリジナルゲームの比率は50:50になるかも知れない。それはもう一つの素晴らしいことであり、プレイヤーは何が成功して失敗するかに対し、より直接的に影響を与えることができるだろう」という発言からは、続編やシリーズものが多くなっていることで、ゲーム単体への正確な評価がしづらくなっているというBozon氏の現状認識が見てとれます。

現時点では「生活の糧はライセンスゲーム」であるとするも、新たなシリーズを立ち上げられるダウンロードゲームの特性を評価するBozon氏。Wiiウェアに欲しいものは「ユーザー生成型のランキング」と「無料デモ」であり、「人気は良質さを示すものではなく、大衆が何を買っているかを示すだけ」という発言からは同社のクオリティへの自信が見てとれるといえるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

    家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  2. 家族にしたいポケモン21選・前編!定番のポケモンから犬・猫系ポケモンも

    家族にしたいポケモン21選・前編!定番のポケモンから犬・猫系ポケモンも

  3. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

    任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  4. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

  5. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  6. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  7. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

  8. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  9. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  10. 任天堂の不思議なキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る