人生にゲームをプラスするメディア

Wii Motion Plusにも使用された動きの検知技術はどんなもの?

任天堂 Wii

Wii Motion Plusにも使用された動きの検知技術はどんなもの?
  • Wii Motion Plusにも使用された動きの検知技術はどんなもの?
米InvenSenseは動きを精密に検知する「6-axis motion processing solution」を発表しました。

Wii Motion Plusにも使用されている技術で、同社が5月27日に発表したプレスリリースによると、X・Y軸用とZ軸用の2つのジャイロセンサーと、3軸加速度センサーを組み合わせることで、より細かな動きの検知を可能にするとのこと。ジャイロセンサーは4x5x1.2 mm、加速度センサーは3x3x0.9 mmですからかなりの小型ですが、ゲーム用には一秒間にプラスマイナス2000度の動きを、3Dリモコン用には同じく500度までの動きをトラッキングできるとしています。



InvenSenseは「動きをベースとした直感的なインターフェースは、ゲームとインタラクティブ3Dリモコンの分野で需要が増している」との見解を表明。製品サンプルを7月より250ドル(約2万4000円)で提供開始するとのことです。

海外サイトVentureBeatは3DV Systemsなどのカメラによるモーションセンシングの対抗技術として「6-axis motion processing solution」を定義しています。
マイクロソフトが3DV Systemsの買収に動くなどモーションセンシング技術への関心が高まっていますが、3DV Systemsのカメラ式とInvenSenseのセンサー式、どちらの方式が広く普及するのか、これからの動きが注目されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. Nintendo Switchの防水・耐衝撃キャリングケースが発売!【UPDATE】

    Nintendo Switchの防水・耐衝撃キャリングケースが発売!【UPDATE】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』イカしたコーデで勝利を掴め!注目ギアパワー10選

    【特集】『スプラトゥーン2』イカしたコーデで勝利を掴め!注目ギアパワー10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  4. ニンテンドースイッチ『ポッ拳 DX』体験版配信決定―詳細は近日公開

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 「スプラトゥーン2 ブキコレクション」12月発売、フィギュア化されたイカのブキ第3弾が登場!

  8. 『スプラトゥーン2』「第3回スプラトゥーン甲子園」へのエントリーがスタート、今年はオンライン大会も開催!

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』に期待する8つのポイント ─ ギアパワーやマッチングはどうなる!?

アクセスランキングをもっと見る