人生にゲームをプラスするメディア

2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表

ゲームビジネス その他

2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
  • 2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
  • 2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
  • 2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
  • 2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
  • 2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
  • 2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
  • 2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
  • 2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表
バンダイナムコゲームスは2009年5月17日(日)、愛知県名古屋市にある「Club Diamond Hall」で開催した、同社が展開する『THE IDOLM@STER』シリーズのライブツアーにおいて、『アイドルマスター続編(仮)』の制作開始を発表した。

『THE IDOLM@STER』は、芸能プロダクション「765(ナムコ)プロダクション」を舞台に、個性豊かなアイドル候補生を、いかに多くのファンに支持されるアイドルへプロデュースすることが出来るかを競うシミュレーションゲーム。プレイヤーは「新米プロデューサー」として、アイドルたちの活動と成長をサポートしていくことになる。

今回行われたライブ「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!! IN NAGOYA」には、同シリーズでキャラクタの声を担当する声優・中村繪里子さん、今井麻美さん、仁後真耶子さん、長谷川明子さん、原由実さん、沼倉愛美さんが出演。「GO MY WAY」や「オーバーマスター」といった人気曲を披露した歌唱パートのほか、「765プロ」を舞台とした『アイドルマスター続編(仮)』の制作発表が行われた。

さらに、動画配信サイト「ニコニコ動画」に同作の公式チャンネルである「ニコニコアイマスch“たるき亭”」が開設され、ツアー最終日の5月30日(土)には「新ゲームプロジェクト」が発表予定であることも明らかにされている。

なお、会場で発表された新情報は、以下のとおりとなっている。

●舞台は“765プロ”『アイドルマスター続編(仮)』制作発表
イベント中、シリーズを手がける坂上陽三プロデューサーが登場し、「765プロ」を舞台とした『アイドルマスター続編(仮)』の制作開始を発表した。詳細は全て未定となっているが、来年の5周年には詳しい内容を披露する予定とのことだ。

●ニコニコ動画に「ニコニコアイマスch“たるき亭”」を開設
5月17日(日)20時より、動画配信サイト「ニコニコ動画」において、『アイドルマスター』の公式チャンネル「ニコニコアイマスch“たるき亭”」が開設されることも発表された。同チャンネルでは、公式PVや特別番組の配信を予定しているとのこと。

●「新ゲームプロジェクト」発表第1弾は、5/30発表
ツアー最終日の5月30日(土)に東京・水道橋にある「JCBホール」で行われるライブ中に「新プロジェクト」第1弾を発表予定。さらに同日、「ニコニコアイマス公式ch」において、生放送で発表部分が中継される予定となっている。
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

    【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  3. 【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

    【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. Ouyaと同様の小型ハード“GameStick”がKickstarterに登場、開始1日で目標額を突破

  6. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  7. スマホ版「ログレス」はこうして作られた。PCゲームしか開発経験のないチームが取り組んだゲームデザインの挑戦

  8. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  9. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

  10. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

アクセスランキングをもっと見る