人生にゲームをプラスするメディア

ソニー09年度業績発表、ゲーム事業の赤字幅は縮小

ゲームビジネス その他

ソニーは平成21年3月期業績を発表しました。

売上高は7兆7300億円(前年同期比 12.9%減)、営業損失は2278億円、税引前損失は1750億円、純損失は989億円と、金融危機に端を発した大幅な市況の悪化と、円高の影響もあり、赤字転落となりました(前年同期は営業利益4753億円)。

ゲーム部門ではPS2ハードやソフトの売り上げが減少したことから、売上高は前年比18%減となりましたが、PS3ハードのコスト改善、ソフトの売上増加により、赤字幅は前年度の1245億円から585億円と大幅に縮小しました。

前期の販売動向では、PS3ハードが1006万台(前年同期比10%増)、ソフトが1億0370万本(79%増)、PSPハードが1411万台(2%増)、ソフトが5030万本(9%減)、PS2ハードが791万台(42%減)、ソフトが8350万本(46%減)でした。

今期の見通しでは、PS3ハードが1300万台、PSPハードが1500万台、PS2が500万台。ソフトは計2億4000万本を見込んでいます。

ソニーでは構造改革として、3000億円規模の費用削減、事業所の統廃合、社内外の人員の計1万6000人以上のカットなどを進めています。その一方で厳しい状況は続くと見ていて、今期も売上高7兆3000億円、営業損失1100億円、税引前損失1400億円、純損失1200億円を見込んでいます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  5. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  6. サイバーノイズ、独自のグラフィック技術最新ソフト「Live2D Cubism」を法人向けに販売開始

  7. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  8. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  9. ユニティとグリーの関係性をアピール ― 「Unity at GREE」が示すソーシャルゲームの未来

  10. 限界突破!ドラゴンボールへの愛×次世代機で実現した『ドラゴンボールZ バーストリミット』インタビュー

アクセスランキングをもっと見る