人生にゲームをプラスするメディア

「次世代機は2013年以前には登場しない」アナリストが登場予想を後退

現在の、Wii・PS3・Xbox360に続く次世代ゲーム機は2011年にも登場するのではないかと言われていますが、Wedbush Morgan証券のアナリストであるMichael Pachter氏は、新しいハードは2013年以前には登場しないと最近投資家に充てたレターでコメントしました。

ゲームビジネス その他
現在の、Wii・PS3・Xbox360に続く次世代ゲーム機は2011年にも登場するのではないかと言われていますが、Wedbush Morgan証券のアナリストであるMichael Pachter氏は、新しいハードは2013年以前には登場しないと最近投資家に充てたレターでコメントしました。

「私たちは"新しい"ハードを2010年には想定していません(長く噂されているハイデフ版Wiiを除いて)。私たちは"次の"世代は2013年以前には始まらないだろうと予測しています」

Pachter氏はその理由として、サードパーティ各社はまだ膨大な投資をして現行機種に対応する技術を得て、それが成果として現れ始めた段階であることを指摘しています。「パブリッシャー達は新しいハードが登場することに抵抗するでしょう」

加えてPachter氏は仮に次世代機が登場しなくても今後5年間は6〜10%の市場の成長が可能という楽観的な見方を示していて、仮にそうだとすると、技術への投資が一段落していることから、これからの数年は大きな収穫期とすることができそうです。これは開発費の高騰から収益が悪化している多くのパブリッシャーにとって朗報です。

一方で、ユービーアイソフトは次世代機について2011年〜2012年の登場を予測するとして、既に技術的な投資を始めたことを明らかにしています

ともかく今年、来年に家庭用ゲーム機の次世代機がないとすると、強く噂されるPSPの次世代機やいずれかのタイミングを伺っているであろうDSの後継機に注目が移りそうです。PSP 2に関してはE3で発表があるという見方もあり、目が離せません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  2. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

    「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  3. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 【オールゲームニッポン】日本人の「以心伝心」はゲーム作りのスタイルにも通ずる(第14回)

  6. 『イナズマイレブン』特許訴訟・・・両社の主張と争点

  7. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  8. プレミアムエージェンシー、DeNAと資本提携しMobage向けに開発(訂正あり)

  9. 【CEDEC 2013】技術と作家と演出家の組み合わせで新しい価値を創造したい・・・『宇宙兄弟』の編集者とAR三兄弟の長男が語るエンタメ未来像

  10. 『絶体絶命都市』が再始動!2015年秋には、開発中止となった『4』の情報も

アクセスランキングをもっと見る