人生にゲームをプラスするメディア

現場で無視されるレーティング−囮捜査の驚くべき結果

ゲームビジネス その他

囮捜査により、スコットランドのゲームショップの多くは成年向けソフトを18歳以下の子供に売っていることが明らかになりました。

BBCが伝えるところによりますと、英国の消費者保護団体Trading Standardsは14歳のボランティアに「18」レーティング(18歳未満視聴非推奨)のゲームを買わせる囮捜査を行ったとのこと。

対象となったのは16のゲームショップで、12のゲームショップは14歳にゲームを販売してしまい、ちゃんと断ったのはGamestation、Game、PC World、WH Smithの4つに過ぎませんでした。12のゲームショップには最高6ヵ月の懲役や5000ポンド(約71万円)の罰金が科される可能性があるとのこと。

日本でもレーティング関連の取り組みが行われており、Z区分(18歳以上のみ対象)のゲームは他のゲームと分けて陳列、購入時に身分証を確認、チラシへの画面写真の掲載を避けるといった自主規制が存在しています。

WiiやニンテンドーDSといったハードで高年齢向けのゲームが新たな市場として模索されている今だからこそ、レーティングに関しては売る側も買う側も慎重になるべきではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

    「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

  4. PlayStation Vita版ならではの機能も盛り沢山!『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』

  5. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  6. マリオファクトリー南柏店レポート

  7. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  8. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  9. 携帯ゲーム機ユーザー、DSは20代前半・PSPは10代後半に ― メディアクリエイト調べ

  10. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

アクセスランキングをもっと見る