人生にゲームをプラスするメディア

「日本ゲーム大賞 2009」年間作品部門の投票受付開始

社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、2009年4月13日(月)より「日本ゲーム大賞 2009」の「年間作品部門」の一般投票を開始した。

ゲームビジネス その他
社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、2009年4月13日(月)より「日本ゲーム大賞 2009」の「年間作品部門」の一般投票を開始した。

「日本ゲーム大賞」は、優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考・表彰する受賞イベントで、「年間作品部門」のほか、「フューチャー部門」「アマチュア部門」と、「経済産業大臣賞」で表彰が行われる。

今回一般投票が開始された「年間作品部門」は、2008年4月1日(火)から2009年3月31日(火)までの間に日本国内で発売された家庭用ゲーム機(据え置き型、携帯型他)対応の作品、パソコン、携帯電話対応のコンテンツが対象となり、一般投票の後、「日本ゲーム大賞選考委員会」による審査を経て大賞(1作品)や優秀賞(該当数)などが決定される。

一般投票は7月24日(金)まで行われ、ひとりにつき1回、1作品に限って投票が可能となる。投票方法には、はがきとインターネット投票があり、全投票者の中から抽選で旅行券やゲーム機ハードなどがプレゼントされる。

日本ゲーム大賞 2009「年間作品部門」投票概要
●投票期間
4月13日(月)〜7月24日(金)
●投票資格
・性別、年齢、国籍、所在地、ゲームの経験および所有の有無を問いません
・おひとり様1回、1作品の投票のみ有効
●投票方法
<はがきによる投票>
[1]氏名 [2]性別 [3]年齢 [4]住所 [5]電話番号 [6]職業 [7]メールアドレス(お持ちの場合のみ) [8]ソフト名 [9]ゲーム機 [10]投票理由[11]希望される賞品のコース名を記入し下記宛に送付
[宛先]
〒101-0021 東京都千代田区外神田5-4-13 外神田ビル6 階
日本ゲーム大賞 係

<インターネットからの投票>
下記URL にアクセスの上、必要事項を記入して送信
・パソコン:こちらのページから
・携帯電話(AIR-EDGE を除く):http://awards.cesa.or.jp/m/
●賞品
・投票者の中から抽選で、下記賞品をプレゼント
<Aコース>
「旅行券」(2 万円相当):1名
<Bコース>
「PLAYSTATION 3」「PlayStation Portable」「Wii」「ニンテンドーDSi」「Xbox360」:各1台(計5名)
<Cコース>
「日本ゲーム大賞2009 年間作品部門」受賞ソフトもしくは関連グッズ:計100名
<Dコース>
「東京ゲームショウ2009」入場券:100組200名
(一般公開日である2009年9月26日(土)・27日(日)のいずれか1日の入場可能)
<Eコース>
「日本ゲーム大賞2009 経済産業大臣賞・年間作品部門 発表授賞式」特別ご招待:100組200名
(日時:2009年9月24日(木)/場所:「東京ゲームショウ2009」会場内イベントステージ)
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  2. 今週発売の新作ゲーム『F1 2018』『アトリエ アーランドの錬金術士1・2・3 DX』『STEINS;GATE ELITE』他

    今週発売の新作ゲーム『F1 2018』『アトリエ アーランドの錬金術士1・2・3 DX』『STEINS;GATE ELITE』他

  3. VRミステリーADV『東京クロノス』TGS 2018への出展が決定─石川由依さん、木戸衣吹さんが出演するステージイベントも開催

    VRミステリーADV『東京クロノス』TGS 2018への出展が決定─石川由依さん、木戸衣吹さんが出演するステージイベントも開催

  4. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  5. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  6. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. 『リズム天国』のプライズが登場―可愛くはない?

  9. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

アクセスランキングをもっと見る