人生にゲームをプラスするメディア

『塊魂』の高橋氏がゲーム業界を去る ― 「悲しい」「好きなことをして欲しい」と海外の声

ゲームビジネス 人材

みんなでまきこむ塊魂
  • みんなでまきこむ塊魂
『塊魂』『のびのびBOY』の生みの親、高橋慶太氏がバンダイナムコゲームスを去りました。

複数の海外メディアが報じるところによりますと、『塊魂』『のびのびBOY』といったユニークな作品で知られる高橋慶太氏がバンダイナムコゲームスを退社したそうです。

Play.tm、EDGE、Gamasutraといった海外メディアはこのニュースを取り上げ、高橋氏の業績を高く評価しています。

「ロングランの『塊魂』、PlayStation NetworkとiPhoneの『のびのびBOY』で知られたゲームデザインの先覚者、ケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを去ったことがスポークスマンによって確認された」(Play.tm)

「『塊魂』『のびのびBOY』といった作品でカルトなセンセーションを巻き起こしたケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを去った」(EDGE)

「カルトに人気のデザイナーであるケイタ・タカハシがバンダイナムコゲームスを退社した。『塊魂』『のびのびBOY』のクリエイターが会社を辞めることは長らく噂になっており、ゲーム業界への率直な失望を明らかにしていた」(Gamasutra)

退職を悲しむ一方で、再出発を期待する声も多く見られます。

「クリエイティブな人が去るのは悲しいね。タカハシには何でも好きなことをして欲しい」
「最近のゲームで『塊魂』くらいに魅力的なものを知らない。ミヤモト(任天堂の宮本茂氏)やソニックチームのように、こうした輝きがゲームに当たり前だったことがあった。」
「タカハシはとても優秀で、従来のゲームには興味がなかった。ARG(代替現実ゲーム)や公園、ライドなどの建設は彼の興味を引くだろうから、これはインタラクティブメディアの偉大な瞬間だ」

氏は英国ノッティンガムの公園デザインに携わっており、今後はゲームの枠にとらわれない活躍が期待されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  4. コナミ、2016年4~12月期業績発表―『パワプロ』『パワサカ』他スマホ好調

  5. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  6. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  7. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  8. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  9. 【CEDEC 2009】猿楽庁の橋本長官がゲームのチューニングを語る・・・「ゲームチューニングってなんだろう?」

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る