人生にゲームをプラスするメディア

『GTA』を買ったら麻薬が入っていた−英国で奇妙な事件

『グランド・セフト・オート』(GTA)を買ったら取説に麻薬がはさまっていた……そんな信じられない事件が起こりました。

ゲームビジネス その他
『グランド・セフト・オート』(GTA)を買ったら取説に麻薬がはさまっていた……そんな信じられない事件が起こりました。

英デイリー・テレグラフが報じるところによりますと、ある日Richard Thornhill氏が中古ソフト店で『GTA』の中古を買ったところ、取扱説明書に麻薬「エクスタシー」がラップに包まれていました。

Thornhill氏には16歳の娘と12歳の息子がおり、「息子が先に麻薬を見つけたら死んでいたかも知れない」とコメントしています。

Thornhill氏は麻薬を警察に届け、警察は即座に捜査を開始したとのこと。図らずも麻薬入りのゲームを売ってしまったGamestationは、今後中古ゲームのチェックを徹底するとの見解を明らかにしました。

英デイリー・テレグラフは、麻薬が入っていたのはどの機種の『GTA』であるかは明らかにしていません。

「エクスタシー」は正式名をメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)という合成麻薬で、幻覚や多幸感を生じます。事件を担当する英グロスタシャー警察によると「年30人ほどの死者が出ている」とのことで、被害が無くて何よりでした。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

    今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  2. ゲーム好きが作る、ゲーム好きのための雑誌 [Ni]STAGE2が冬コミなどで頒布決定―マゾゲー特集など

    ゲーム好きが作る、ゲーム好きのための雑誌 [Ni]STAGE2が冬コミなどで頒布決定―マゾゲー特集など

  3. 「auスマートパス」で有料スマホアプリを躊躇なくダウンロードする生活を

    「auスマートパス」で有料スマホアプリを躊躇なくダウンロードする生活を

  4. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  5. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  6. 秋葉原の洋ゲー専門店を調査・・・その1「ゲームハリウッド」

  7. 【週刊マリオグッズコレクション】第39回 初代マリオカートのころのグッズあれこれ

  8. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  9. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  10. フリュー新作は不気味な学園もの?謎のティザーサイト公開

アクセスランキングをもっと見る