人生にゲームをプラスするメディア

英誌「EDGE」が200号を達成―全200冊のカバーアートを公開・・・宮本茂デザインも

ゲームビジネス その他

英誌「EDGE」が200号を達成―全200冊のカバーアートを公開・・・宮本茂デザインも
  • 英誌「EDGE」が200号を達成―全200冊のカバーアートを公開・・・宮本茂デザインも
英国のFuture Publishingが発行するゲーム雑誌「EDGE」が200号を迎えました。

「EDGE」は毎号、様々なゲームやキャラクターがカバーを飾ってきましたが、歴代のカバーアートが全て公開されています。中には任天堂の宮本茂氏が描いたマリオも含まれています。200号を記念するカバーは『リトルビッグプラネット』を開発したMedia Moleculeが制作した特別デザインだということです。

200号ではEDGEが推薦する今遊ぶべき100のゲーム、プレイステーションの歴史、忘れられたアタリの共同創業者Ted Dabney氏や、ソニックの中氏、3DOの生みの親でEA創業者であるトリップ・ホーキンズ氏へのインタビュー、EDGEが300号を迎えるであろう2016年のゲーム業界を語る対談などが掲載されているそうです。EDGEは国内でも輸入書籍の取扱店で購入することができます。

EDGEは1993年創刊の月刊誌です。オンライン版はEDGE-ONLINE(www.edge-online.com)。

編集長のトニー・モット氏は「私たちは200号に当たって、何か特別なものを用意したいと思いました。EDGEの読者は全て、この号の中で必要とするものを見つけるでしょう。また、私たちはこれまでの200号のどのカバーが人気なのか早く知りたいと思っています」とコメントしています。

「EDGE」の歴史そのもの
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  3. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

    「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

  4. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  5. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  7. マリオファクトリー南柏店レポート

  8. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  9. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  10. PlayStation Vita版ならではの機能も盛り沢山!『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』

アクセスランキングをもっと見る