人生にゲームをプラスするメディア

「Wiiひざ」「Wii炎症」に続いて、今度は「プレイステーション手掌汗腺炎」

ゲームビジネス その他

「Wiiひざ」「Wii炎症」などゲームが原因とされる症状が話題となりましたが、今度は「プレイステーション手掌汗腺炎」とのことです。

BBCが報じるところによりますと、「プレイステーション手掌汗腺炎」は激しい発汗に関係した症状で、手のひらに激しい痛みを伴う皮膚の変化が発生。この症状を訴えたスイスの12歳の女の子はゲームを止めることで10日ほど後に回復したと言います。

ジョギングの後に足の裏に皮膚の変化が発生するなど、「プレイステーション手掌汗腺炎」に似た症状は激しい運動をした子供達にも見られるとのことですが、スイスの12歳の女の子が手のひらに痛みを覚えてからもゲームをやり続けたことなどから、研究者は「ゲーム機への依存が見られ、症状には精神的なものも含まれる」とする見解を明らかにしています。

British Association of DermatologistsのNina Goad氏は「貴方が汗かきであるならゲームを遊びすぎない方がよいでしょう」と警告。Computer Entertainment Europeのスポークスマンによると、このような症状が報告されたのは初めてとのこと。ゲームは読書や映画鑑賞のような適切な娯楽であるが、ガイドラインに従わないことで弊害が起こる可能性があるとしています。
《水口真》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『Red Dead Redemption』の販売本数が800万本を突破 ― Take-Two

    『Red Dead Redemption』の販売本数が800万本を突破 ― Take-Two

  2. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

    【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  5. 【CEDEC 2014】ゲーム開発のノウハウを応用すれば、面白さと学習効果を合わせ持ったシリアスゲームを開発できる

  6. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  7. 【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

  8. New 3DS用「Unity」正式リリース…エンジン開発は『ねじ巻きナイト2』でチューンナップしながら

  9. カプコン、2017年3月期第3四半期連結業績を発表―『デッドライジング 4』堅調

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る