人生にゲームをプラスするメディア

「サンデー×マガジン」夢のオールスターチームが誕生

KONAMIは2009年2月26日(木)、ニンテンドーDS向けソフト『サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン』を発売した。価格は5,250円(税込)。

任天堂 DS
サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン
  • サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン
  • サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン
  • サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン
  • サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン
  • サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン
  • サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン
KONAMIは2009年2月26日(木)、ニンテンドーDS向けソフト『サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン』を発売した。価格は5,250円(税込)。

本作は、小学館が刊行するコミック誌「週刊少年サンデー」と、講談社の刊行する「週刊少年マガジン」の創刊50周年を記念したコラボゲームの第1弾。「サンデー」と「マガジン」のキャラクタが2チームに分かれて戦う野球ゲームとなっており、制作は『パワプロ』シリーズでおなじみの「パワフルプロダクション」が担当している。

登場キャラクタは、「MAJOR」「ダイヤのA」「タッチ」「巨人の星」といった野球マンガはもちろん、「名探偵コナン」「天才バカボン」といった作品から150人以上が登場する。

ゲームモードは、原作の名場面を描く「ストーリーモード」や、プレイヤーが自分でチームを組んで勝ち上がる「メインスタジアムモード」、その他にも「練習モード」や「ホームラン競争」といったものが用意されている。

本格的な野球対戦はもちろん、マンガならではの「必殺技」や「魔球」を使った白熱の試合展開は、本作ならではといえるだろう。
Gpara.com
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

    『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

  3. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  4. 「脱衣麻雀」の時代が戻ってきた!?スイッチで続々と名作が復活!!

  5. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  6. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

  7. 『スプラトゥーン2』名前の上にある王冠は“強豪”の印!立ち回りにも影響するかも

  8. 『スプラトゥーン2』かわいいクラゲくん10選!ステージをよく見るとあんなクラゲやこんなクラゲが…

  9. 『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』で配信して欲しいタイトル1位は『MOTHER2』!人気タイトル勢揃いな読者の熱い思いをお届け【読者アンケート】

  10. 『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

アクセスランキングをもっと見る