人生にゲームをプラスするメディア

NPD、1月の米国売上を発表―不景気の影響を感じさせない結果

米国の調査会社NPDグループが13日発表した2009年1月の米国ゲームハート及びソフトウェアの販売動向は、景気後退による落ち込みが心配されましたが、市場規模で13億3000万ドル(約1200億円)となり、昨年同期と比べて13パーセント増と、「不景気に強いゲーム業界」を印象付ける好結果となりました。

ゲームビジネス その他
米国の調査会社NPDグループが13日発表した2009年1月の米国ゲームハート及びソフトウェアの販売動向は、景気後退による落ち込みが心配されましたが、市場規模で13億3000万ドル(約1200億円)となり、昨年同期と比べて13パーセント増と、「不景気に強いゲーム業界」を印象付ける好結果となりました。

ゲームハード単体では4億4540万ドル(アクセサリを含む)となり、機種別では依然として任天堂が牽引しました。Wiiが67万9200台、ニンテンドーDSが51万0800台と最大の商戦期であるホリデーシーズンを超えても好調に推移しています。Xbox360は30万9000台、PLAYSTATION3は20万3200台でした。

ソフトではトップは『Wii Fit』で77万7000本、2位は『はじめてのWii』で41万5000本、3位は『マリオカートWii』で29万2000本と上位3位まで任天堂が独占、続いて『Left 4 Dead』(EA)、『Call of Duty: World at War』(アクティビジョン)という顔ぶれでした。任天堂は下位でも『Newスーパーマリオブラザーズ』(7位/13万5000本)、『マリオカートDS』(8位/13万2000本)と独り勝ち状態でした。

「1月の業界の成長を支えた任天堂の成績は、引き続きゲーム市場を拡大するという我々の使命を後押しするものになります。私達は新旧問わず多くのゲームユーザーが任天堂製品で新しいエンターテイメントを楽しむことにとても興奮しています」と任天堂オブアメリカのCammie Dunaway上級副社長マーケティングはコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

    ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. 2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 今週発売の新作ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』『Nintendo Labo』『METAL MAX Xeno 滅ぼされざる者たち』他

  5. 『LoL』ライアットゲームズ日本社長の乙部氏が語る、スタジオカルチャーとマニフェスト

  6. 今週発売の新作ゲーム『ドンキーコング トロピカルフリーズ』『幻想郷ディフェンダーズ』『Killing Floor: Incursion』他

  7. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  8. コーエー、シンガポールの拠点を倍に拡充

  9. ナウプロダクション、お台場に新スタジオ「Gold Entertainment Studio」10月1日オープン

  10. 【ESCONF TOKYO】e-Sportsを学校で取り入れるべき理由とは?e-Sportsと教育は切り離せない関係に

アクセスランキングをもっと見る