人生にゲームをプラスするメディア

NPD、1月の米国売上を発表―不景気の影響を感じさせない結果

米国の調査会社NPDグループが13日発表した2009年1月の米国ゲームハート及びソフトウェアの販売動向は、景気後退による落ち込みが心配されましたが、市場規模で13億3000万ドル(約1200億円)となり、昨年同期と比べて13パーセント増と、「不景気に強いゲーム業界」を印象付ける好結果となりました。

ゲームビジネス その他
米国の調査会社NPDグループが13日発表した2009年1月の米国ゲームハート及びソフトウェアの販売動向は、景気後退による落ち込みが心配されましたが、市場規模で13億3000万ドル(約1200億円)となり、昨年同期と比べて13パーセント増と、「不景気に強いゲーム業界」を印象付ける好結果となりました。

ゲームハード単体では4億4540万ドル(アクセサリを含む)となり、機種別では依然として任天堂が牽引しました。Wiiが67万9200台、ニンテンドーDSが51万0800台と最大の商戦期であるホリデーシーズンを超えても好調に推移しています。Xbox360は30万9000台、PLAYSTATION3は20万3200台でした。

ソフトではトップは『Wii Fit』で77万7000本、2位は『はじめてのWii』で41万5000本、3位は『マリオカートWii』で29万2000本と上位3位まで任天堂が独占、続いて『Left 4 Dead』(EA)、『Call of Duty: World at War』(アクティビジョン)という顔ぶれでした。任天堂は下位でも『Newスーパーマリオブラザーズ』(7位/13万5000本)、『マリオカートDS』(8位/13万2000本)と独り勝ち状態でした。

「1月の業界の成長を支えた任天堂の成績は、引き続きゲーム市場を拡大するという我々の使命を後押しするものになります。私達は新旧問わず多くのゲームユーザーが任天堂製品で新しいエンターテイメントを楽しむことにとても興奮しています」と任天堂オブアメリカのCammie Dunaway上級副社長マーケティングはコメントしています。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

    ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  2. 中国で活躍する米国人クリエイティブディレクターが語る、中国市場の面白さとよくあるハマリパターン

    中国で活躍する米国人クリエイティブディレクターが語る、中国市場の面白さとよくあるハマリパターン

  3. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

    FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  4. メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  5. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  6. 「モンハン×USJ」全ハンターに味わって欲しいリアルさ! 新アトラクション『XR WALK』体験レポ

  7. 明日のゲーム業界のために~『ゲームのお仕事』業界研究フェアを開催する意図とは? キーマン2人に聞く

  8. Oculus Riftの一般向けプロトタイプ「Crescent Bay」発表、Unityの正式サポートも

  9. 3Dエフェクト作成ツール『BISHAMON Personal』が上位拡張モデルに無償アップグレード

  10. 『マインクラフト』でプログラミングが楽しく学べるチュートリアル公開

アクセスランキングをもっと見る