人生にゲームをプラスするメディア

「Wiiは肥満の原因」「任天堂は自社製品の危険性を隠蔽」−アメリカの健康専門家が訴訟

健康専門家のMichael Torchia氏はWiiの販売中止を求める訴えを起こしました。

ゲームビジネス その他
健康専門家のMichael Torchia氏はWiiの販売中止を求める訴えを起こしました。

Torchia氏は「任天堂は肥満の異常発生に関与している。老いも若きも体操服を片づけ、運動のために外出しなくなっている。これはWiiのゲームに習慣性があるからで、任天堂はタバコ会社が喫煙の潜在的脅威を隠蔽するように自社製品の危険性を隠している」とコメント。『Wii Fit』『Wii Sports』は運動の代わりとならないし、これらのゲームを遊ぶことで肘や膝を痛める「Wiiひじ」「Wiiひざ」「Wii炎症」の危険性が存在するとして、製品の改良が終わるまでWiiの販売を中止することを求めていく模様です。

Torchia氏はダイエットの重要性を説くラジオトークショー「Shape Up America」のパーソナリティを務めており、1月22日には「The Ill Effects of Wii Play Station Games and What to Do About It」と題する文書を発表、Dev Mukerjeeドクターの「Wiiのゲームが健康を害する可能性がある」とする主張を引用、「Wii Play Station(原文ママ)は運動を必要とするゲームであり、楽しさと運動のバランスを取らなければならない」とコメントしています。

『Wii Fit』などのゲームが健康やリハビリに役立つとする報告がある中で、それと真っ向から対立するのがTorchia氏の主張となっており、この訴えが認められるか否かが注目されます。
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2010】「ゲームプログラマという生き方」には変化を楽しむ心が大切

    【CEDEC 2010】「ゲームプログラマという生き方」には変化を楽しむ心が大切

  2. 限界突破!ドラゴンボールへの愛×次世代機で実現した『ドラゴンボールZ バーストリミット』インタビュー

    限界突破!ドラゴンボールへの愛×次世代機で実現した『ドラゴンボールZ バーストリミット』インタビュー

  3. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

    PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  4. DICE 2004: 任天堂はまだオンラインには懐疑的

  5. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  6. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  7. Google+に早くもゲーム登場、ジンガ・EA・Rovioなど

  8. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  9. 【CEDEC 2011】『鉄拳 タッグトーナメント2』におけるメモリ管理と負荷削減

  10. 今年も「ポケモンフェスタ2005」が全国9箇所で開催決定

アクセスランキングをもっと見る