人生にゲームをプラスするメディア

ディズニーもゲーム部門の従業員を削減へ

ゲームビジネス その他

景気後退の波は不況の影響を比較的受けにくいと言われているゲーム業界も直撃しています。既にエレクトロニック・アーツなど多数のメーカーが従業員のレイオフやスタジオの閉鎖に踏み切っていますが、今度はウォルト・ディズニーのゲーム部門であるディズニー・インタラクティブ・スタジオです。

次の成長市場としてゲーム部門に力を入れていたディズニーですが、Kotakuが報じたところによれば、カナダはバンクーバーにあるPropaganda Gamesの従業員のうち70名をレイオフするほか、本社のスタッフの削減にも踏み切るということです。事実関係は同社も確認しています。

Propaganda Gamesの開発していた人気フランチャイズの最新作である『テュロック2』も開発中止になったということです(タイトルは公式には未発表)。

また、リストラ策の一環として、いずれもソルトレイクシティにあるAvalanche SoftwareとFall Line Studiosを合併させる方向で検討が進められているようです。両社はいずれも任天堂プラットフォーム向けに強く、『チキンリトル』や『ナルニア国物語』などを開発しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  9. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  10. Steam購入500円引!ペイパルが数量限定クーポンキャンペーン開催

アクセスランキングをもっと見る