人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム業界がロビー活動に費やしたのは3億7000万円―2008年

Gamasutraによれば、米国のゲーム業界団体であるESA(Entertainment Software Association)は、主に政界へのロビー活動に2008年に430万ドル(約3億7000万円)を使ったそうです。ESAは2007年からロビー活動を開始していますが、一昨年を約25%上回る金額となりました。

ゲームビジネス その他
Gamasutraによれば、米国のゲーム業界団体であるESA(Entertainment Software Association)は、主に政界へのロビー活動に2008年に430万ドル(約3億7000万円)を使ったそうです。ESAは2007年からロビー活動を開始していますが、一昨年を約25%上回る金額となりました。

ESAがロビー活動を行っているのは、海賊版対策、レーティングと規制問題、著作権問題、ファイル共有ソフト対策、オンラインゲームのガバナンス、知的財産の保護などゲームに関連する分野です。

これらの金額には関係する職員の給与などの必要経費も含まれているとのこと。約9割の予算を独自のロビー活動に充てる一方で、ESAは4社のロビー会社も使っているようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ケン・レヴィンの生涯と最新作『BIOSHOCK INFINITE』への道のり

    ケン・レヴィンの生涯と最新作『BIOSHOCK INFINITE』への道のり

  2. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

    『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  3. コナミ、『ウイイレ2017』マラドーナの「無断利用」申し立てにコメント

    コナミ、『ウイイレ2017』マラドーナの「無断利用」申し立てにコメント

  4. CRI、ゲーム開発向け統合オーディオソリューション「ADX2」をリリース

  5. 『うたプリ』公式、二次創作グッズ制作・取引に対しツイッターで警告

  6. 任天堂東京製作部を探る

  7. 日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

  8. 今週発売の新作ゲーム『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]』『侍道外伝 KATANAKAMI』他

  9. 【TGS 2014】世界で成功するアプリ制作の秘訣はこれだ~対戦脳トレ『BrainWars』からみる海外展開で意識する部分とは

  10. 【昨日の人気記事チェック】プレイステーション3を売るとソニーはいくら損をするのか?(12月27日)

アクセスランキングをもっと見る