人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム最悪の大統領は『ヴァルケン』の大統領!−コア過ぎる海外ゲーマー

オバマ大統領の就任演説が話題となっていますが、海外ゲームサイト1UPのJeremy Parish氏のブログでは「ゲーム最悪の大統領」と題する記事が発表されています。

ゲームビジネス その他
オバマ大統領の就任演説が話題となっていますが、海外ゲームサイト1UPのJeremy Parish氏のブログでは「ゲーム最悪の大統領」と題する記事が発表されています。

Parish氏が「最悪の大統領」として推薦するのは3人。

うち2人は『Bad Dudes』のMr.プレジデントと『ファイナルファンタジーVIII』のラグナ・レウァールで、11月に1UPで発表された「ゲームの政治家トップ10」と被っています。

Parish氏が切り札として出してきたのは、何と『重装機兵ヴァルケン』のシェルマーク大統領。「プレイヤーのメカが前線を突破して司令部へ突入すると、大統領はそれに応えて銃で自決する……何たる武士道!しかし、彼の怠慢かつリーダーシップに欠けた死は軍にいい影響を及ぼさないだろう」とコメント。小さなキャラクターがきちんと演技をする自決シーンを連続写真で掲載しています。

大統領の自決シーンがドット絵のクオリティの高さから語り継がれているのはご存じの通り。『重装機兵ヴァルケン』は海外では『CYBERNATOR』としてKONAMIから発売されているのですが、Parish氏がブログで取り上げている自決シーンはカットされているのです。オリジナルの日本版までチェックしているParish氏のディープさに頭の下がる思いです。

海外産ゲームがローカライズされた際に様々な表現がカットされることが話題となっていますが、カットされたシーンが気になるゲーマー心理は洋の東西を問わない模様。日本のゲームをそこまで深くチェックしてくれたということで、嬉しくなってしまうのは筆者だけではないのではないでしょうか。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

    スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

  3. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  4. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  5. 元米国任天堂の荒川實社長とリンカーン会長がAIAS生涯功労賞を受賞

  6. 任天堂、ロゴを変更?

  7. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  8. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  9. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  10. Oculus VR、センサー技術を開発するイスラエルのPebbles Interfacesを買収

アクセスランキングをもっと見る