人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム最悪の大統領は『ヴァルケン』の大統領!−コア過ぎる海外ゲーマー

オバマ大統領の就任演説が話題となっていますが、海外ゲームサイト1UPのJeremy Parish氏のブログでは「ゲーム最悪の大統領」と題する記事が発表されています。

ゲームビジネス その他
オバマ大統領の就任演説が話題となっていますが、海外ゲームサイト1UPのJeremy Parish氏のブログでは「ゲーム最悪の大統領」と題する記事が発表されています。

Parish氏が「最悪の大統領」として推薦するのは3人。

うち2人は『Bad Dudes』のMr.プレジデントと『ファイナルファンタジーVIII』のラグナ・レウァールで、11月に1UPで発表された「ゲームの政治家トップ10」と被っています。

Parish氏が切り札として出してきたのは、何と『重装機兵ヴァルケン』のシェルマーク大統領。「プレイヤーのメカが前線を突破して司令部へ突入すると、大統領はそれに応えて銃で自決する……何たる武士道!しかし、彼の怠慢かつリーダーシップに欠けた死は軍にいい影響を及ぼさないだろう」とコメント。小さなキャラクターがきちんと演技をする自決シーンを連続写真で掲載しています。

大統領の自決シーンがドット絵のクオリティの高さから語り継がれているのはご存じの通り。『重装機兵ヴァルケン』は海外では『CYBERNATOR』としてKONAMIから発売されているのですが、Parish氏がブログで取り上げている自決シーンはカットされているのです。オリジナルの日本版までチェックしているParish氏のディープさに頭の下がる思いです。

海外産ゲームがローカライズされた際に様々な表現がカットされることが話題となっていますが、カットされたシーンが気になるゲーマー心理は洋の東西を問わない模様。日本のゲームをそこまで深くチェックしてくれたということで、嬉しくなってしまうのは筆者だけではないのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

    さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  4. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  5. 『Left 4 Dead2』の続編に不買運動−19000人以上が参加

  6. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

アクセスランキングをもっと見る