人生にゲームをプラスするメディア

Wiiは400万台以上売れるはずだった?−米アナリスト、需要と供給のバランスが取れていればと語る

米国の調査会社EEDAR(Electronic Entertainment Design and Research)のアナリストJesse Divnich氏は、12月のWiiの販売台数に関して「供給があればもっと伸びた」とする見解を明らかにしています。

任天堂 Wii
米国の調査会社EEDAR(Electronic Entertainment Design and Research)のアナリストJesse Divnich氏は、12月のWiiの販売台数に関して「供給があればもっと伸びた」とする見解を明らかにしています。

米国の調査会社NPDグループによると、米国で12月に売れたWiiは215万台。ハードウェア売上の2位であり、11月の204万台から11万台増えていますが、Divnich氏やWedbush Morgan証券のアナリストMichael Pachter氏は300万台の売上を予想していました。

Divnich氏は「需要と供給のバランスが取れていれば400万台以上を売り上げたと信じている」とコメント。215万台という数字に関して「需要が失速しているといういかなる兆候を示すものでもなく、単に需要と供給の大きな差を示している」としています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ソード・シールド』ミュウツーとのマックスレイドバトルは報酬がアツい! 初代御三家からは「かえんだま」などのレア道具を狙ってみよう

    『ポケモン ソード・シールド』ミュウツーとのマックスレイドバトルは報酬がアツい! 初代御三家からは「かえんだま」などのレア道具を狙ってみよう

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 「どうぶつの森」公式Twitter、ほのぼのな4コマ漫画を掲載! しかし「★ローンも可!」に多くのユーザーが反応

    「どうぶつの森」公式Twitter、ほのぼのな4コマ漫画を掲載! しかし「★ローンも可!」に多くのユーザーが反応

  4. 『ポケモン ソード・シールド』伝説ポケモンで挑むダイマックスミュウツー!ザシアン、ムゲンダイナを連れて行った結果は?

  5. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  6. 『あつまれ どうぶつの森』はショップ特典もすごい!ランチボックス・トートバッグなど14店舗の特典まとめ

  7. 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」各地方ごとの投票結果も公開!初代カントーから最新作ガラルまで、8地方別のランキングをチェック

  8. 『ポケモン ソード・シールド』新たな幻ポケモン「ザルード」公開!あく・くさタイプの“わるざるポケモン”

  9. 『あつまれ どうぶつの森』キャラクターメイク情報公開!髪や目を自由に設定可能に―ゲーム開始後も鏡・ドレッサー等でいつでも変更できる

  10. 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」結果発表―栄光の1位はゲッコウガ!2位にルカリオ、3位はミミッキュがランクイン

アクセスランキングをもっと見る