人生にゲームをプラスするメディア

イスラム圏向けの仮想世界が誕生−非イスラム教徒との相互理解も目指す

ゲームビジネス その他

イスラム圏向けの仮想世界が誕生−非イスラム教徒との相互理解も目指す
  • イスラム圏向けの仮想世界が誕生−非イスラム教徒との相互理解も目指す
  • イスラム圏向けの仮想世界が誕生−非イスラム教徒との相互理解も目指す
  • イスラム圏向けの仮想世界が誕生−非イスラム教徒との相互理解も目指す
仮想世界に新たなムーブメントが生まれようとしています。イスラム教徒向けの仮想世界『Muxlim Pal』は2009年に本格オープンします。

『Muxlim Pal』はMuxlim社が運営する仮想世界。アバターを操り公園やビーチ、アリーナなどの施設でプレイヤー同士が交流するというもので、女性がフードを被っていたり、イスラム式の祈りを捧げることができたりと、イスラム教徒向けの内容となっています。

同社のMohamed El-Fatatry氏はBBCに「我々は宗教的なサイトではない。ライフスタイルにフォーカスしており、イスラム文化とライフスタイルに興味のある人のためのサイトだ」とコメントし、非イスラム教徒との相互理解を促進したいとしています。他の仮想世界はイスラムコミュニティに向けた内容を提供していないとするのが氏の考えで、本格オープンは2009年になるとのこと。

これまでの仮想世界の多くが欧米発のものであったことを考えると、イスラム圏の人々には『Muxlim Pal』のサービスは朗報なのではないでしょうか。
身近にイスラム圏の人がいなくても、『Muxlim Pal』から交流と理解を深められるのであれば、これは仮想世界の持つ可能性の一つといえるでしょう。

《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  9. 07年映画興行収入、1位「HERO」、2位「ポケモン」―邦画で

  10. テーブルトークRPG好きにはたまらない? ブラウザで遊ぶ本格ゲーム『英雄クロニクル』をプレイした

アクセスランキングをもっと見る