人生にゲームをプラスするメディア

ミッドウェイ、1株0.1円で売却―Viacom会長

ゲームビジネス その他

ウォールストリートジャーナルが伝えるところによりますと、Viacom会長のSumner Redstone氏は金融危機の影響からMidwayの株式6800万株を売却したとのことです。

価格は1株当たり0.0012ドル(約0.1円)。非常な安値に見えますが、この売却により氏の会社National Amusementsは8億ドル(約760億円)の節税が可能となるとのこと。同社は16億ドル(約1520億円)の債務を抱えており、Midway株の売却先である個人投資家Mark Thomas氏は、株の購入と引き換えに無担保の融資も行うとのことです。

Midwayは一大シリーズとなっている格闘ゲーム『Mortal Kombat』シリーズで知られているメーカーで、先日もバットマンらDCコミックのヒーローたちと戦う注目作『Mortal Kombat vs. DC universe』を発売したばかり。様々な事情があるとはいえ、1株0.1円というのは少し複雑な気分がする人も多いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  2. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  3. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  5. 【CEDEC2012】ゲームを作るのに、ゲームなんてやらなくてもいい ― 「もしドラ」作者岩崎夏海氏講演レポート

  6. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  8. 外部骨格&VRスーツを用いた「AxonVR」が開発中、触覚・温度・重量なども再現可能

  9. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  10. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

アクセスランキングをもっと見る