人生にゲームをプラスするメディア

ソニーが17億円の損害賠償を命じられる―PSPなどの音楽処理技術で

ゲームビジネス その他

IP NEXTが報じるところによりますと、ソニーは1850万ドルの損害賠償を命じられたとのことです。

ウォークマンやPSP、メモリースティックDuoなどの製品に使用されている技術が特許侵害に当たるとしてアメリカのAgere Systemsが訴えを起こしていたもので、連邦地裁は同社の訴えを認め、1850万ドル(約17億8000万円)の損害賠償を命じました。

問題となっていた特許は、音楽チップに含まれる様々なデータにラベルを付けるためのプロトコル。音楽チップがプレイヤーに装着されると、演奏時間・曲名・アーティスト名といったデータを自動でダウンロードして音楽チップ内に記録するという技術に関するもので、訴えは2006年に起こされていました。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  2. Steam購入500円引!ペイパルが数量限定クーポンキャンペーン開催

    Steam購入500円引!ペイパルが数量限定クーポンキャンペーン開催

  3. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  4. Kuju、デジタル流通に特化したスタジオ―『突撃!ファミコンウォーズ』など

  5. 『ネプテューヌ』プロジェクトチームの人材を大募集中―「プロデューサーにしてやんよ!!」

  6. アイレム、秘密結社ブラックアイレム団に占拠される

  7. 【任天堂資料庫】 第9回 任天堂の業績推移

  8. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  9. 『イナズマイレブン』特許訴訟・・・両社の主張と争点

  10. 「売れるスマホゲームの鍵は?」『消滅都市』『ジョーカー』『ドラゴンファング』のクリエイターが語る

アクセスランキングをもっと見る