人生にゲームをプラスするメディア

携帯ゲーム機は携帯しない? 自宅での使用が7割

米国の調査会社NPD Groupは、携帯ゲーム機の7割が自宅で使用されているとする調査結果を発表しました。

ゲームビジネス その他
米国の調査会社NPD Groupは、携帯ゲーム機の7割が自宅で使用されているとする調査結果を発表しました。

携帯ゲーム機とiPOD、iPhoneといったモバイル機器を持っている3200名を対象に調査が行われました。

EDGE-ONLINEはこうしたモバイル機器の7割は自宅で使用されており、据え置きゲーム機と競合している可能性があると報じています。

ニンテンドーDSを持っているユーザーの92%はひとりでゲームをしており、その4分の1は近くに住む友達とカートリッジの貸し借りをしています。DSユーザーがゲームをする時間は一週間で4.6時間とのことです。

PSPユーザーの84%はPSPをゲームに使用しており、35%が動画を見て、33%が音楽を聴いています。PSPで音楽を聴くようになったユーザーは3ヵ月前から25%増加しているとのことです。

iPhoneユーザーのうち19%がiPhoneを動画観賞に使用、14%がビジネス系アプリを利用しています。また、ゲームの利用率は3ヵ月で大幅にアップしており「iPhoneはエンターテイメントデバイスと見なされている」との見解が明らかにされています。

バッテリーなどの関係から、モバイル機器を自宅で使用するというのは誰にもある経験だと思いますが、携帯ゲーム機は据え置きゲーム機と競合しないことが利点とされてきた面もあるだけに、この調査結果は携帯ゲーム機のあり方を示すよい材料となりそうです。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

    コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

  2. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  3. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  4. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  5. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  6. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  7. 『メタルギア』海外公式ツイッターが謎の人物とのやり取りで新情報の公開を仄めかす―1週間後に新たな情報か

  8. THXが「ゲームモード」を追加

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. 【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン

アクセスランキングをもっと見る