人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2008】ゲーム内容をじっくりチェック!『モンスターハンター3』プレイレポート(ラギアクルス編)

(注目大の『モンスターハンター3』、会場では、群れの長「ドスジャギィ」討伐、「クルペッコ」討伐で大騒ぎ!、海の主「ラギアクルス」に挑め、の3つのシナリオでそれぞれ15分遊ぶ事が出来ました。水口さんにはラギアクルスに挑戦してもらいました Mr.Cube)

任天堂 Wii
【TGS2008】ゲーム内容をじっくりチェック!『モンスターハンター3』プレイレポート(ラギアクルス編)
  • 【TGS2008】ゲーム内容をじっくりチェック!『モンスターハンター3』プレイレポート(ラギアクルス編)
  • 【TGS2008】ゲーム内容をじっくりチェック!『モンスターハンター3』プレイレポート(ラギアクルス編)
  • 【TGS2008】ゲーム内容をじっくりチェック!『モンスターハンター3』プレイレポート(ラギアクルス編)
  • 【TGS2008】ゲーム内容をじっくりチェック!『モンスターハンター3』プレイレポート(ラギアクルス編)
(注目大の『モンスターハンター3』、会場では、群れの長「ドスジャギィ」討伐、「クルペッコ」討伐で大騒ぎ!、海の主「ラギアクルス」に挑め、の3つのシナリオでそれぞれ15分遊ぶ事が出来ました。水口さんにはラギアクルスに挑戦してもらいました Mr.Cube)

「水中の狩猟」「捕食」「声マネ」など様々な新機軸が話題になった『モンスターハンター3(トライ)』。東京ゲームショウ2008では藤岡ディレクターが『3』の大きなテーマとして挙げる「水中」が舞台となる「海竜種ラギアクルス」の狩りを体験できます。

TGS2008では「大剣」「片手剣」「ハンマー」「ライトボウガン」「ヘヴィボウガン」を選択可能なので「大剣」をチョイス。一撃が大きくパワーがあるのが特徴で、モンスターの尻尾を切断したり、ガードで身を守ったりといった技も使える万能系の武器です。

ベースキャンプでは、お馴染みのボックスに近づきAボタンで支給品を入手可能。体力を一気に回復する「秘薬」やモンスターの動きを封じる「シビレ罠」などが用意されているので忘れずに入手しておきましょう。

ラギアクルスがいるのはフィールド右上のエリア。浅瀬から深みへ歩いていけばそのまま自動で泳ぎ始めます。水中は三次元での移動が可能となっており、十字キーで視点(カメラ)を移動、スティックでその方向へ泳いでいくという形式。
潜るのであれば下の方を見て移動。浮かび上がるなら上の方を見て移動という具合です。

地上でのダッシュと同様、Zボタンでスタミナを消費しながら高速で泳げます。
水中では画面左の酸素ゲージが減少。水面に顔を出すか、アイテム「酸素玉」を使うと回復します。酸素ゲージの減少速度はかなり緩やかで、頻繁に息継ぎをする……ということにはなりませんでしたのでご安心を。

ラギアクルスが襲いかかってきました。

巨体による体当たりや体表からの放電は迫力満点。

近づいてリモコンを振って抜刀すると攻撃が当たり、「海中に赤い血が広がる」という、これまでのシリーズになかった表現を見ることができます。水中では前述の通り移動方向とカメラが一致しているため、十字キーでラギアクルスを視界に捉え続けることがポイントとなる模様。三次元空間を自由に移動しての狩猟は、新たな緊張感を生み出すことに成功しています。

ラギアクルスの放電を受けると、しばらくの間ハンターの身体にも放電が走る状態となりますが、この時は気絶しやすくなっているとのこと。これも今までになかった新たな要素です。

狩猟していると武器の切れ味が落ちていくなど『モンハン』ならではのリアリティは『3』でも健在。水中でも「砥石」を使って武器の切れ味を回復できますので、水中の狩猟が長引いた場合に試してみるのも面白いでしょう。

Cを押したまま十字キーの左右で使いたいアイテムを選択。Cを押したままAでアイテムを使用します。「Cを押したまま」というのがキーポイントとなりますので、慌てないように。

そうこうしているとラギアクルスは海を出て陸へと移動。これまでのシリーズで慣れ親しんできた陸での狩猟のスタートです。「大剣」は陸上でAを連打するかリモコンを振ることで新要素の「連続攻撃」が発動。また、リモコンを左右に捻ってAを押せば「斬り上げ」「なぎ払い」といったお馴染みの技が使えます。「大剣」の見せ場である「ため」はリモコンを立ててA。「ため攻撃」はリモコンを倒してAを放せば発動です。

ラギアクルスには「シビレ罠」が効きますので、タイミングを見計らって試してみましょう。また、尻尾を切ることができますので、「片手剣」「大剣」を使う人は腕の見せ所です。

残念ながら制限時間内にラギアクルスを狩猟することはできませんでしたが、陸上から海中へシームレスに展開する狩猟は『モンハン』の歴史に新たな一ページが加わったという手応えを感じさせるものでした。

まだまだサプライズが隠されているという『3』は、ゲーム界の台風の目としてハンター達を楽しませ続けてくれそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

    太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

  2. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  3. マリオモチーフのスイッチ本体特別セット「Nintendo Switch マリオレッド×ブルー セット」予約受付スタート!

    マリオモチーフのスイッチ本体特別セット「Nintendo Switch マリオレッド×ブルー セット」予約受付スタート!

  4. 超話題のゲーム『ファイナルソード』で心折れずに世界を救う10のコツ! 実は「死にゲー」……?

  5. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  6. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  7. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  8. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  9. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  10. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

アクセスランキングをもっと見る