人生にゲームをプラスするメディア

MotionPlusが最初から実現できなかった要因は「コスト」

任天堂 Wii

任天堂の今年のE3の目玉はWiiリモコンのモーション感知を増強する周辺機器「Wii MotionPlus」でした。『Wii Sports Resort』と一緒に紹介され、Wiiリモコン単体とは明らかに違う性能で、新しいゲームの登場を予感しました。しかし、その性能を最初から用意することは出来なかったのでしょうか?

E3会場で見たWii MotionPlus


VentureBeatでインタビューに答えている米国任天堂のReggie Fils-Aime副社長によれば、それはどうやら可能であったようです。Reggie氏によれば、任天堂は最初にWiiを設計している段階から、MotionPlusの技術は理解していたそうです。ただし、それが採用されなかったのはコスト的な問題で、時間が経過し、耐えうるコストになったため導入することになったようです。

Wii MotionPlusは来年発売予定の『Wii Sports Resort』と共に市場に出る予定です。新しいWiiのゲーム市場を切り開くのか、それとも一部のタイトルだけで使われるような補助的な機器になるのか、ともかくも発売が楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【特集】ミニスーファミの収録ソフト、バーチャルコンソールでも遊べるの? 全部揃えたらいくら?

    【特集】ミニスーファミの収録ソフト、バーチャルコンソールでも遊べるの? 全部揃えたらいくら?

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの「チンクルの装備」ついて開発者が語る─チンクルの魅力は“嫌われている”こと!?

    『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの「チンクルの装備」ついて開発者が語る─チンクルの魅力は“嫌われている”こと!?

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 『スプラトゥーン2』スナック菓子が発売決定、シーフード味とコンポタ味の2種類が展開

  6. ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

  7. 【傍若無人】3DS『アライアンス・アライブ』 困った時のファイナルストライク頼み(62回)

  8. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  9. 「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

  10. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

アクセスランキングをもっと見る