人生にゲームをプラスするメディア

テイク2CEOが『GTA: チャイナタウン・ウォーズ』やWii版についてコメント

任天堂 DS

テイク・ツー・インタラクティブのCEOであるBen Feder氏はGameDaily.bizとのインタビューの中で、先日のE3で衝撃的に発表されたニンテンドーDS向け『GTA: チャイナタウン・ウォーズ』や、WiiでのGTAについてコメントを寄せています。

まずDSで発表があった作品については「言うべきことは沢山ありますが・・・、私たちは最高のフランチャイズを新しいハードで展開することについて本当に興奮しています。そして任天堂は素晴らしいパートナーです。これまでも幾つかのタイトルで協力してきましたが、今後も大切にしていきたいと思っています。チャンスは広がっていて、任天堂プラットフォームで登場する『GTA』を必ずや最高のものにするつもりです」。

続いて、期待されるWiiでの『GTA』については「ちょっとコメントできません。私たちはWii向けに様々なタイトルを構築中で、その成長ぶりにもとても刺激を受けています。しかし『GTA』がWiiで出るかということについては話せません」としました。

さらに「私が間違いないと思うのは、ハードが普及しているからといってPS3やXbox360からWiiにタイトルを移植するのは決して"勝利の方程式"ではないということです。各ハードの特性を生かすことこそが成功への近道です。ですからハードの台数を見ての移植はやらないつもりです。マーケティングや、タイトル自体のブランド力など色々ありますが、きっちりそのハードにあったゲームを作らなきゃいけない、それは『GTA: チャイナタウン・ウォーズ』で期待することでもあります」と付け加えています。

特にWiiが欧米でXbox360を追い越すほどの普及を続けていることから、他機種からの移植は増えそうな雰囲気ですが、安易な移植を戒める姿勢は共感ができます。本作は日本での展開は不明ですが、DSで登場するGTAに期待したいですね。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

    「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

  3. ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

    ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

  4. 3DS『エヴァーオアシス』オアシスや冒険の魅力に迫る映像公開! 体験版も配信開始

  5. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

  6. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  7. 「ポケモンセンタートウホク」リニューアルオープン!幻のポケモン「ビクティニ」プレゼントや東北ならではのグッズも登場

  8. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  10. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

アクセスランキングをもっと見る