人生にゲームをプラスするメディア

80cmも画面から飛び出す! 65型の業務用3D立体液晶が発売

3D立体映像技術を手がけるVMJ社は2008年6月5日(木)、6月下旬より世界最大サイズとなる65インチ画面の「業務用3D立体液晶ディスプレイ・システム」の販売を開始すると発表した。

ゲームビジネス その他
3D立体映像技術を手がけるVMJ社は2008年6月5日(木)、6月下旬より世界最大サイズとなる65インチ画面の「業務用3D立体液晶ディスプレイ・システム」の販売を開始すると発表した。

「業務用3D立体液晶ディスプレイ・システム」は、シャープとの技術協力によって商品化され、画面サイズは横1,428mm、縦804mm、最大解像度は1,920ドット×1,080ドットで、裸眼で画面から最大約83cmの3Dポップアップが行われる。

本システムは、ドイツのハイテク企業・ビジュモーション社が開発した、裸眼で鮮明な立体映像を視認できる「パララックスバリアテクノロジー」を応用したもの。液晶パネルに特殊ガラスフィルターを貼り付けることで立体映像表示が可能となっている。

また、本液晶ディスプレイの視野角は120度という広範囲であり、3Dのクオリティーを飛躍的に向上するソフトウエアを用いることで鮮明な3Dコンテンツの提供が行える。

このディスプレイ・システムは、多くの人々が行き交う駅構内や商業施設、公共施設向けのものとなり、新時代の映像広告手法として期待できる。
また、ディスプレイ・システムは、今回の65インチだけでなく、最小で2.5インチまでのラインナップ展開が進められており、今後、ゲームやパチンコ・パチスロ、携帯電話などの分野での活用も想定される。

「業務用3D立体液晶ディスプレイ・システム」の価格(本体・再生用ソフト)は、300万円前後(消費税別)と予定されており、「VMJ」本社内には本システムが体験できる常設ショールームも開設された。

◆「65型マルチユーザー3Dディスプレイ」主な仕様
<本体寸法>
・幅1,572mm×奥行き126mm×高さ約923mm
<重量>
・約65.0kg
Gpara.com

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【GTMF2010東京】サウンドデザイナーの心強い味方、ADX2がお披露目

    【GTMF2010東京】サウンドデザイナーの心強い味方、ADX2がお披露目

  2. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  3. 魔王による地獄のわらわらアクション、PSVita『地獄の軍団』

    魔王による地獄のわらわらアクション、PSVita『地獄の軍団』

  4. UDKショウケース:竹中工務店・・・「Unreal Japan News」第28回

  5. 『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  8. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  9. 今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

  10. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

アクセスランキングをもっと見る