人生にゲームをプラスするメディア

ネットコンテンツ、民間監視団体は国の介入を防げるか

4月25日、都内で「インターネット・コンテンツ審査監視機構」の設立記者発表会が開催されました。同機構は、デジタルメディア協会での活動をベースに、コーエー襟川恵子氏(ファウンダー取締役名誉会長)が呼びかけて設立に動き出した団体です。安全なコンテンツの認定やレーティングの実施など、インターネットコンテンツにおける「CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)」や「BPO(放送倫理・番組向上機構)」のような位置づけを目指すものになるとのことです。

ゲームビジネス その他
ネットコンテンツ、民間監視団体は国の介入を防げるか
  • ネットコンテンツ、民間監視団体は国の介入を防げるか
4月25日、都内で「インターネット・コンテンツ審査監視機構」の設立記者発表会が開催されました。同機構は、デジタルメディア協会での活動をベースに、コーエー襟川恵子氏(ファウンダー取締役名誉会長)が呼びかけて設立に動き出した団体です。安全なコンテンツの認定やレーティングの実施など、インターネットコンテンツにおける「CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)」や「BPO(放送倫理・番組向上機構)」のような位置づけを目指すものになるとのことです。

襟川氏は「国や官僚では臨機応変に動けない。競争が激しいなかでの法整備は実体社会にそぐわない」「あまりに進化が激しく、情報選択の是々非々が親御さんにわからない。子供が有害情報にふれてしまう」として民間主導でのコンテンツのレーティングの必要性をアピール。触れたくない情報に触れてしまう、という現状に対応するためのレーティングというところを強調しています。

とはいえ、ネット上の増え続けるコンテンツをすべて監視してレーティングするというのは実際不可能に近く、襟川氏も「全部見るのは無理」と認識しており、ACCS(コンピュータソフトウェア著作権協会)のような報告の仕組みも利用するだろうとしています。

設立委員会メンバーには名前が出ていないものの、襟川氏によるとグーグルやヤフーといった検索大手も参加する予定とのことです。
《伊藤雅俊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. ゲーム会社の歴史が一目瞭然の「ゲーム会社フローチャート」

  5. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  6. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. 剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

  10. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

アクセスランキングをもっと見る