人生にゲームをプラスするメディア

教育・医療にゲームを活用する「シリアスゲーム」に関する現状調査が公開される

日本機械工業連合会、デジタルコンテンツ協会は、「シリアスゲームの現状調査報告書」と題する資料を発表しました。

ゲームビジネス その他
日本機械工業連合会、デジタルコンテンツ協会は、「シリアスゲームの現状調査報告書」と題する資料を発表しました。

同協会は「シリアスゲーム」を、ゲームに教育や医療・リハビリテーションなどエンターテインメント以外の目的を結びつけた「社会に役立つゲーム」と捉え、日本と海外における実例を研究しています。

ニンテンドーDSの『脳を鍛える大人のDSトレーニング』『英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け』や、セガの鈴木裕氏が監修、自動車教習所向けにサービスしている『セガ・ドライビングシミュレータ』、ナムコが福祉用に開発した『ドキドキへび退治RT』といったシリアスゲームの活用事例や、ゲームの効能を研究する「ゲームの処方箋」プロジェクトの研究報告、国立科学博物館と上野動物園がPSPにクイズ形式のガイドプログラムを導入して行った実験結果など盛りだくさんの内容となっています。

米国では軍事産業の需要と非営利団体「シリアスゲーム・イニチアシブ」の活動がシリアスゲームを牽引。欧州ではシリアスゲームが地域の産業振興政策に組み込まれているなど、海外の事例を分析。その上で、日本ではシリアスゲームというコンセプトやジャンルが定着していないが、他分野との相互作用によって、ゲームの出荷本数をさらに伸ばせると結論。日本ゲーム業界は欧米に対し、インターフェースをデザインするノウハウをアドバンテージとして活用していくことが望ましいと提言しています。

日本ではニンテンドーDSとPSPという携帯用ゲーム機を中心に起こるシリアスゲームのムーブメント。「ゲーム脳」を始めとし、とかく偏見の目にさらされがちな娯楽だけに、日本におけるさらなるシリアスゲームの取り組みが期待されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. Wii U向けソフト開発も!?会社設立5周年、ポイソフト石川社長&中川プログラマーインタビュー

    Wii U向けソフト開発も!?会社設立5周年、ポイソフト石川社長&中川プログラマーインタビュー

  4. 【デジタルコンテンツEXPO 2010】3Dクリエイターが創り上げていく次世代メタバース「BlueMars」

  5. ゲームレーティングの現状を分析〜CEROレーティングに関する調査報告書が発売

  6. 『バーチャファイター』の鈴木裕氏、R&Dクリエイティブオフィサーを退任−海外でも大きなニュースに

  7. 今週発売の新作ゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』『Gears Tactics』『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2 キャンペーン リマスタード』他

  8. 米ゲーム業界団体、海賊版撲滅に向けた政府の取り組みを評価

  9. コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始

  10. プラチナゲームズ、三並達也が社長を退任

アクセスランキングをもっと見る