人生にゲームをプラスするメディア

教育・医療にゲームを活用する「シリアスゲーム」に関する現状調査が公開される

日本機械工業連合会、デジタルコンテンツ協会は、「シリアスゲームの現状調査報告書」と題する資料を発表しました。

ゲームビジネス その他
日本機械工業連合会、デジタルコンテンツ協会は、「シリアスゲームの現状調査報告書」と題する資料を発表しました。

同協会は「シリアスゲーム」を、ゲームに教育や医療・リハビリテーションなどエンターテインメント以外の目的を結びつけた「社会に役立つゲーム」と捉え、日本と海外における実例を研究しています。

ニンテンドーDSの『脳を鍛える大人のDSトレーニング』『英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け』や、セガの鈴木裕氏が監修、自動車教習所向けにサービスしている『セガ・ドライビングシミュレータ』、ナムコが福祉用に開発した『ドキドキへび退治RT』といったシリアスゲームの活用事例や、ゲームの効能を研究する「ゲームの処方箋」プロジェクトの研究報告、国立科学博物館と上野動物園がPSPにクイズ形式のガイドプログラムを導入して行った実験結果など盛りだくさんの内容となっています。

米国では軍事産業の需要と非営利団体「シリアスゲーム・イニチアシブ」の活動がシリアスゲームを牽引。欧州ではシリアスゲームが地域の産業振興政策に組み込まれているなど、海外の事例を分析。その上で、日本ではシリアスゲームというコンセプトやジャンルが定着していないが、他分野との相互作用によって、ゲームの出荷本数をさらに伸ばせると結論。日本ゲーム業界は欧米に対し、インターフェースをデザインするノウハウをアドバンテージとして活用していくことが望ましいと提言しています。

日本ではニンテンドーDSとPSPという携帯用ゲーム機を中心に起こるシリアスゲームのムーブメント。「ゲーム脳」を始めとし、とかく偏見の目にさらされがちな娯楽だけに、日本におけるさらなるシリアスゲームの取り組みが期待されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  6. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  7. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  8. 【週間売上ランキング】『スマブラX』の初週は82万本!(1/28-2/3)

  9. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  10. バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

アクセスランキングをもっと見る