人生にゲームをプラスするメディア

日本のベストブランド、B to Cは任天堂、B to Bはトヨタ自動車

日経BPコンサルティングが毎年まとめているブランド評価調査「ブランド・ジャパン2008」の結果が発表になりました。約5万1000人にものぼる一般消費者とビジネスパーソンへのアンケートから1500ブランドを評価しました。B to C編では任天堂が初のブランド総合力首位となり、B to B編では本年度もトヨタ自動車の独走という結果になりました。

任天堂 その他
日経BPコンサルティングが毎年まとめているブランド評価調査「ブランド・ジャパン2008」の結果が発表になりました。約5万1000人にものぼる一般消費者とビジネスパーソンへのアンケートから1500ブランドを評価しました。B to C編では任天堂が初のブランド総合力首位となり、B to B編では本年度もトヨタ自動車の独走という結果になりました。

B to C編で任天堂の評価を押し上げたのは「イノベーティブ(革新性)」や「アウトスタンディング(卓越性)」という要素で、それぞれ第1位、第4位の評価を得ました。「他にはない魅力がある」「際立った個性がある」というポイントが前回の調査と比べて大きく伸びていて、単なるブームを超えて期待されるブランドとしての地位を築いたと言えそうです。

任天堂はB to C編の総合力で、2005で第135位、2006で第67位、2007で第7位と着実に順位を上げました。また、第2位のスタジオジブリにも大差をつけています。また、B to B編でも総合力4位の評価を受けました。B to Bの要素のうち「先見力」で第4位、「活力」で第5位という結果でした。

B to B編ではトヨタ自動車が今回も独走し、総合力の5つの要素のうち「先見力」「人材力」「信用力」で首位になりました。続いて本田技研工業、ソニー、そして任天堂、今回は初めてトップ5にGoogleが入りました。Googleは「先見力」で第2位、「人材力」と「活力」で第6位という結果でした。また「この企業から学びたい」で第2位、「ビジョンがある」で第3位、「一度この企業で働いてみたい」となりました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ポケモンセンターオンライン」でランダムなポケモンがトレーナーをお出迎え中!「サイホーン」に画面を割られるという被害も!

    「ポケモンセンターオンライン」でランダムなポケモンがトレーナーをお出迎え中!「サイホーン」に画面を割られるという被害も!

  2. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』ゲーム概要を紹介する新映像が公開―発売前に全要素をもう一度おさらい!

    『スマブラSP』ゲーム概要を紹介する新映像が公開―発売前に全要素をもう一度おさらい!

  4. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  5. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  6. 『ポケモン ピカ・ブイ』の魅力は声優陣も狙い打ち! 当時を思い出す梶裕貴、スイッチデビューの丸山有香─悠木碧は「そう、イーブイはいる…」と熱弁

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  9. 『DOAX』シリーズ最新版がスイッチ/PS4で発売決定―HD振動を活かした新エンジン「やわらか4D」でこれまでにない揺れを体感せよ!

  10. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

アクセスランキングをもっと見る